4Kids「遊戯王」の海外ラインセンス売却か、破産裁判所が競売に

昨年来、米国で混乱が続く日本アニメ「遊戯王」の海外マスターライセンスの状況が、新たな展開を見せそうだ。2012年4月20日、米国の映画・テレビ業界のニュースサイトWORLDSCREEN(TV Kids.ws)は、4キッズ エンタテインメント(4Kids Entertainment)が米国破産裁判所を通じて、「遊戯王」の

「うっかりペネロペ」 4キッズが世界展開、米国進出も

米国の大手キャラクターライセンス会社4キッズ・エンタテインメント(4Kids Entertainment)は、日本のテレビアニメシリーズ『うっかりペネロペ』のアジアとフランスを除く世界ライセンスを獲得した。同社は今後テレビアニメーションとキャラクターを利用したライセンスビジネスを世界各国で展開していくことになる。

米国ニコロデオン 「忍者タートルズ」の世界ライセンス獲得

子供向けのアニメーション専門チャンネルであるニコロデオン(Nickelodeon)は、米国の人気アニメーション『忍者タートルズ: Teenage Mutant Ninja Turtles』の世界ライセンスを獲得したことを明らかにした。この権利には映像、放送だけでなく、商品化権も含まれる。

「遊戯王」など米国4Kids 企業売却含む経営戦略検討を表明

8月5日、米国のキャラクターライセンス企業の大手4キッズ・エンタテインメント(4Kids Entertainment)は、経営戦略の選択肢を検討するために投資銀行Montgomery & Coと契約を結んだことを明らかにした。
 4キッズのCEOであるアルフレッド・カーン氏によれば、これは近年の同社の経営状況や経済状況から同社がどのような経営戦略を取るべきか判断するためと述べている。4キッズの業績は過去数年赤字決算を続けており、早期の業績回復は難しいとみられている。

米国アニメ・キャラクター企業4キッズが身売り検討?米メディア報道

米国のキャラクター企業大手で、『遊戯王』シリーズ、『恐竜キング』などの日本アニメの権利管理をする4キッズ・エンタテインメント(4Kids Entertainment)が企業売却を検討している可能性がある。8月4日に、米国ネットメディアのpaidContent.orgが関連情報を報道している。報道によれば4キッズは、同社に関心のある企業に打診をはかり、企業売却のオークションを進めているという。

米ポケモンライセンス 米社からポケモンUSAへ

4KidsエンタテイメントとポケモンUSAは、『ポケットモンスターの世界でのテレビ放映権とビデオグラム化権、それにトレーディングカードとテレビゲームを除く商品化権を2006年1月1日からポケモンUSAに全面的に移行する。