「ハーロック」が3DCGに 東映アニメがパイロット制作

1970年代にアニメ、マンガで展開された松本零士さんの人気SF作品『宇宙海賊キャプテンハーロック』が、2010年に3DCGアニメで蘇った。国内大手アニメ製作会社東映アニメーションは、このほど3DCG版ハーロックである『SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK』のパイロット版を制作した。

ゴブランとアヌシー連携 3DCGアニメーション教育開始

ゴブラン・スクール・オブ・ビジュアル・アート(GOBELINS, School of Visual Communication)が、アヌシー国際アニメーション映画祭と手を組んで3DCG専門のアニメーター教育に乗り出す。ゴブラン校は2010年9月から、アヌシー映画祭を運営するCITA(City of Moving Images)と連携した3DCGアニメーターの教育コースをスタートする。
 伝統的なアニメーション制作教育で知られたゴブラン校だが、