マーベル第3Q決算発表 マッド制作アニメの米国放映言及

コミックス出版、キャラクター事業を手掛ける米国のマーベル・エンタテインメント(Marvel Entertainment)は、11月3日に2009年第3四半期(09年1月~9月)までの決算を発表した。第3四半期までの売上高は4億1890万ドル、前年同期の4億5190万ドルから減少した。営業利益は1億6280万ドル、純利益は9390万ドルである。

ドリームワークスアニメ第3Q増収増益に 第3Q単独は減収

米国の大手アニメーション製作会社ドリームワークスアニメーションSKGは、10月27日に2009年第3四半期(09年1月~9月)の決算発表を行った。第3四半期単独では前年同期比で減収減益となったが、第3四半期までの9ヶ月の決算では増収増益となっている。第3四半期までに売上高は前年同期比でおよそ18%増の5億3100万ドル、純利益も18%増の1億750万ドルである。

セルシス第3四半期 ビューア、制作ソフトとも高い伸びに

 電子書籍ビューアやアニメ・マンガ制作ソフトのセルシスは、平成21年10月期第3四半期(20年11月~21年7月)の決算発表を行った。期中の売上高は19億1000万円(前年同期比10.5%増)、営業利益は2億3800万円(同17.5%増)、経常利益は2億3800万円(同18.1%増)、四半期純利益は1億5000万円(同44.6%増)といずれも好調だった。