CEDEC2011レポート アニメとゲームをつなぐ架け橋    ――金田伊功氏の業績を中心に 1

CEDEC2011アニメとゲームをつなぐ架け橋 金田伊功氏の業績を中心に 文:氷川竜介(アニメ評論家)  CEDECは”Computer Entertainment Developers Conference”の略。日本最大のゲーム開発者向けカンファレンスである。この9月初旬にパシフィコ横浜で開催されたCEDEC2011では、2年前に物故した金田伊功氏によるゲームの仕事の紹介を筆頭に、いくつも興味深いアニメ関連の講演が行われた。

CEDEC2011レポート アニメとゲームをつなぐ架け橋 2

レポート アニメとゲームをつなぐ架け橋 2 文:氷川竜介(アニメ評論家)
■ マルチカメラパラメータを用いた映像誇張方法の提案
インタラクティブコーナー(解説者がパネルで随時紹介)で行われていた展示。「金田パース」と呼ばれる手描き独特の誇張された遠近感を3Dモデルで再現するための技法である。