アート・アニメーションのちいさな学校が修了作品上映会 細田監督の監督術講義も 

3月30日と31日、東京・阿佐ヶ谷のアート・アニメーションのちいさな学校は修了作品上映会「短編アニメーションのちいさな上映会」を開催する。3月26日には細田守監督が来校して「細田守のアニメーション監督術」が行われる。

映画『おおかみこどもの雨と雪』 齋藤優一郎プロデューサー インタビュー前編

。『おおかみこどもの雨と雪』の制作にあたっては細田守監督と共にスタジオ地図を立ち上げた齋藤優一郎プロデューサーに、『おおかみこどもの雨と雪』、スタジオ地図、そして映画づくりについて伺った。

細田守×隈研吾シンポジウムレポート 表現における日本と世界とは?

10月25日に、東京・日本科学未来館で開催されたシンポジウム「日本の表現は世界に通用するか?」のアニメ監督の細田守さんと建築家・隈研吾さんのトークが行われた。今回のシンポジウムは、ASIAGRAPH 2012において隈研吾さんが匠賞を細田守監督が創賞を受賞したことを記念して企画された。

細田守監督 スペイン・シッチェスで3度目の最優秀アニメーション賞受賞

スペインで開催されていたシッチェス国際映画祭で、日本の細田守監督が3たび大きな賞に輝いた。映画祭のオフィシャルコンペティションに出品されていたアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』が、最優秀長編アニメーション賞を受賞した。

デジタル・フロンティアが語る 『おおかみこどもの雨と雪』と『サマーウォーズ』における3DCG表現の違いとは 前編

デジタル・フロンティアは、7月6日、京都の立命館大学において、『アニメーションとCGの融合~デジタル・フロンティアにおけるCG制作過程~』と題し、細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』と、同監督による『サマーウォーズ』における3DCG表現などについて語った。

デジタル・フロンティアが語る 『おおかみこどもの雨と雪』と『サマーウォーズ』における3DCG表現の違いとは 後編

細田守監督による最新作『おおかみこどもの雨と雪』については、トレイラーのシーンを中心にCGパートが如何に使われたかについて説明がなされた。どのトレイラーを見ても一見、CG合成は含まれていない様に見える同作だが、

アヌシー2010開催 『サマーウォーズ』受賞逃すがアヌシーに共感残す(前編)

アヌシー2010、50周年記念開催。『サマーウォーズ』、受賞は逃すが、細田守監督はアヌシーに共感を残した(前編)。オフィスH 伊藤裕美。日本からは『サマーウォーズ』の細田守、広島国際アニメーション・フェスティバルのディレクター木下小夜子らが駆けつけた。オープニングセレモニーでは、シルヴァン・ショメの新作

シッチェス映画祭 ディレクター アンヘル・サラ氏に聞く

シッチェス・カタロニア映画祭 スペインポップカルチャーと日本映画 映画祭ディレクター アンヘル・サラ氏に聞く シッチェスの戦略 なぜシッチェス映画祭は、日本映画、日本アニメに注目するのだろうか。来日した映画祭ディレクターのアンヘル・サラ氏にお話を伺った。

細田守監督 シンガポールでふたつの講演会

細田守監督による『サマーウォーズ』は、今夏の大ヒット映画だ。しかし、常夏の国シンガポールでは、その夏はこれから始まる。2010年1月の『サマーウォーズ』劇場公開が決定したシンガポールで、細田守監督によるふたつの異なったトークが行われた。 ひとつは11月20日に、アニメーション・アジアコンファレンス(Animation Asia Conference:AAC)2009