北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 後編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐後編‐[椎名ゆかり] ■<イメージ・コミックス>■<クリエイター・オウンド作品の隆盛>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 中編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐中編‐[椎名 ゆかり]<権利を求めるクリエイターの戦い>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 前編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐前編‐[椎名ゆかり]:クリエイター・オウンド(creator-owned)とは?

北米のマンガ事情 第15回 北米で日本マンガは今でも人気なのか -2- by 椎名ゆかり 

[椎名ゆかり] 販路の数の低下とコンベンションにおける多様性の増加。その懸念材料のひとつが、アニメの放映数の減少である。アニメをきっかけにマンガを読み始める読者が多い海外では、アニメのテレビ放送状況はマンガ人気に大きく影響する。

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情-第1回「北米市場規模と現在の状況」

椎名 ゆかり。第1回「北米市場規模と現在の状況」。この連載では基本的に毎回、北米におけるマンガ1市場を過去から最新の状況まで、幅広く取り上げていく。第1回目はマンガの市場規模と現在の状況について、簡単におさらいをするつもりで