成長するスペインのアニメーション 第3回 ヨーロッパ・アニメーションの拡大とトランスメディア化

≪バルセロナで、ヨーロッパのトランスメディアのプロジェクトピッチ「Cartoon 360」開催≫EUデジタル単一市場の構築で、活気づくトランスメディア 成長するスペインのアニメーション 第3回 ヨーロッパ・アニメーションの拡大とトランスメディア化[オフィスH 伊藤裕美]

成長するブラジル・アニメーション 5億人の巨大市場を手中に収める政府の英断-後編-

[オフィスH: 伊藤裕美]■ アニメーションは輸出に有利、支援制度の充実■ ブラジル・アニメーション界の人材不足■ 世界で受ける、ブラジル独自のアニメーションを目指す■ クールジャパンに固執する日本は孤立する■ プリスクール向けから国際共同製作を始めよう

頭角を現す南アフリカ、成長するラテンアメリカ:アヌシー国際アニメーション・フェスティバル 2013年レポート 第2回:伊藤裕美 

[取材・文:伊藤裕美オフィスH)]25年目となるMIFAマーケットは、出展数454、参加バイヤー340名という規模もさることながら、ヨーロッパ、米国、カナダ、ラテンアメリカ、オーストリア、アジア諸国・諸地域からの参加、さらに中東とアフリカの諸国が増えている。

アヌシー国際アニメーション・フェスティバル 2013年レポート 第1回:伊藤裕美

お馴染み 伊藤裕美(オフィスH)さんのアヌシー国際アニメーション・フェスティバルのレポート。2013年の世界のアニメーションの潮流は?最新の状況を報告・分析。カナダから新アートディレクターを迎え、地球規模で拡大するアニメーション映画祭 自信強める、ヨーロッパのアニメーション

「コンテンツ産業と地域活性 – デンマークのアニメ人材育成現場より」 by 伊藤裕美 

京都国際マンガミュージアムで、10月28日に「コンテンツ産業と地域活性 – デンマークのアニメ人材育成現場より」が開催された。デンマークは知られていないが、アニメーションやニューメディアの制作が成長著しい。

南東フランスのコンテンツ産業クラスター「イマジノーヴ」  ヨーロッパのアニメーション動向 by 第3部 伊藤裕美

リヨンはフランス第2の都市で、フランスの金融センターの一つであり、伝統的に絹織物・繊維工業、そしてさまざまな化学産業で知られる。フランス政府が05年~07年に導入した「競争力の集積地」として全国に71認定した産業クラスターの一つだ。

フランスのコンテンツ産業に対する地域支援 ヨーロッパのアニメーション動向 第3部 前編 by 伊藤裕美

ヨーロッパでは地方単位でもコンテンツ制作にさまざまな支援が行われている。フランスの地域支援で最も貢献しているのが、広域的な地域経済単位のものだ。EU圏では欧州委員会が指定する「AFR区域指定の公的助成制度」がある。