「バトルスピリッツ」累計販売枚数3億枚を突破 

バンダイは男児向けのトレーディングカードゲーム『Battle Spirits』のカード累計売上枚数が、8月末の時点で3億枚を突破したことを明らかにした。同商品の展開開始は2008年9月13日だから、販売から1年を待たずに3億枚のカードを売ったことになる。バンダイでは今年1月にも、

ティー・ワイ・オー 円谷プロ株を一部売却 バンダイ49%まで買増し

映像会社のティー・ワイ・オーは、円谷プロダクションの株式の一部をバンダイに譲渡する。7月23日にティー・ワイ・オーが明らかにした。円谷プロは番組制作・著作権管理の子会社で、『ウルトラマン』シリーズなどで知られている。現在、株式はティー・ワイ・オーが66.6%、バンダイが33.4%を保有する。

おもちゃショー バンダイブース キャラクター玩具総登場

東京おもちゃショーの中で、大きな存在感を持つのがバンダイとタカラトミーの二大玩具メーカーである。両社は国内玩具業界でずば抜けた規模を誇るだけでなく、人気玩具ブランドやキャラクターの数でも他社を圧倒している。おもちゃショーの中でも幾つものコーナーに分かれたブースを作り、玩具業界全体を牽引していく様子が伺われた。おもちゃショーの中でも見逃せない存在だ。

アニメ「バトルスピリッツ」新キャラで第2シーズン突入

新世代型トレーディングカードゲームとして子供たちの間で人気の『Battle Spirits』が、今年9月より第2シーズンに突入する。第2シーズン開始に合わせ、カードゲームに連動するテレビアニメシリーズも新シリーズがスタートする。9月13日から毎週日曜日朝7時からテレビ朝日系で放映される『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』である。