在京民放5社が協力 無料視聴できるTV番組のキャッチアップ配信サイト10月スタート

在京民放5社が協力して、テレビ放送後から直ぐにインターネットを通じてテレビ番組配信をする動画配信プラットフォームを立ち上げる。共同で動画配信サービスの「TVer」を2015年10月からスタートする予定だと発表した。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第16回 “冬の時代”のその後……

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第16回 “冬の時代”のその後…… 今回とりあげるのは’87年秋から’90年春への変化である。歴史的に見てプライムタイムの19時台に積極的にアニメを編成してきたフジテレビとテレビ朝日の数字の変化が興味深い。フジテレビが6本から4本にまで減ったのは『北斗の拳2』『魁!男塾』の後番組がアニメではなくなり

シンエイ動画 ネット向けオリジナルアニメ企画開始

『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』など数々の人気アニメを制作するアニメスタジオ シンエイ動画が、インターネット向けのオリジナルアニメの制作に乗り出す。自社の新作短編アニメを配信する「ぷちアニ劇場」を5月17日にスタートし、YouTubeを通して配信を開始した。

デジモンシリーズ最新作 7月からTV放映開始

東映アニメーションとテレビ朝日は、2010年7月よりテレビアニメシリーズ『デジモンクロスウォーズ』の放映を開始することを発表した。『デジモンクロスウォーズ』は、東映アニメーションが1999年より製作している「デジモンシリーズ」の最新作となる。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第13回 「原作付き・プライムタイム」/「オリジナル・夕方」

前回、’82年を境にハイターゲット(中高生を視聴者と想定した)作品が増えているという状況を確認した。
では今回は、それが各局の中でどのように編成されているかを見ていきたい。まず’82年

ブロスタTV 米有力CGスタジオ リズム&ヒューズと提携

映像作品を中心にコンテンツ・キャラクター事業をおこなうブロスタTVが、米国・ハリウッドの有力CG会社リズム&ヒューズ(R+H)と提携する。両社共同でオリジナルのキャラクターを開発し、世界市場に向けて展開していく。

テレ東社長 19時台アニメの視聴率は厳しいが、番組がビジネス

10月29日に行われたテレビ東京の10月の定例社長会見の中で島田昌幸社長は、同局が19時台に複数放映しているテレビアニメの視聴率が厳しい状況であるとの認識を示した。これは同局の直近の視聴率の苦戦について説明する中で言及された。