成長するスペインのアニメーション 第3回 ヨーロッパ・アニメーションの拡大とトランスメディア化

≪バルセロナで、ヨーロッパのトランスメディアのプロジェクトピッチ「Cartoon 360」開催≫EUデジタル単一市場の構築で、活気づくトランスメディア 成長するスペインのアニメーション 第3回 ヨーロッパ・アニメーションの拡大とトランスメディア化[オフィスH 伊藤裕美]

井上雄彦が国境も時間も越える ガウディとのコラボレーション展が今夏スタート

井上雄彦さんが、2014年に新たな表現に挑戦する。井上雄彦さんと建築家アントニオ・ガウディをテーマにした大型展覧会「特別展 ガウディ×井上雄彦」が、7月12日から六本木の森アーツセンターギャラリーで開催される。

「Proto Anime Cut」と「アニメを文化にしていく潮流」 PART3  世界中で始まったアニメの「文化をめざす潮流」

近年、「アニメのために制作された成果物」を「芸術・文化」の観点で価値を再発見し、体系的にまとめて行く必要性の高まりを感じているし、具体的な動きは国内ですでにいくつも始まっている。

スペイン:美術展「Proto Anime Cut」と「アニメを文化にしていく潮流」 PART 2 総合展示で世界観を訴える

文:氷川竜介(アニメ評論家) ■ 総合展示で世界観を訴える コンセプトとしては、いわゆる「アニメキャラ」がほぼ不在という点を特筆したい。展示物のほとんどがレイアウト・美術設定・背景・コンセプトフォトなど、キャラ以外のものが中心となっていく。

スペイン:美術展「Proto Anime Cut」と「アニメを文化にしていく潮流」 PART 1

文:氷川竜介(アニメ評論家) ■ 美術巡回展「Proto Anime Cut」との関わり 2012年2月、スペインのバルセロナへ出向き、現地で開催された美術巡回展「Proto Anime Cut」に参加と視察をして、日本の「アニメ」という表現様式は、ようやく「文化・芸術」へのステージを確立しつつあるとの想いを強くした。

細田守監督 スペイン・シッチェスで3度目の最優秀アニメーション賞受賞

スペインで開催されていたシッチェス国際映画祭で、日本の細田守監督が3たび大きな賞に輝いた。映画祭のオフィシャルコンペティションに出品されていたアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』が、最優秀長編アニメーション賞を受賞した。

シッチェス国際映画祭 「おおかみこども」「劇場版BLOOD-C」メインコンペに出品

10月4日から、スペインにて世界三大ファンタステック映画祭のひとつシッチェス国際映画祭が開催されている。オフィシャルコンペティションには、今年も世界各国から35本の映画が出品される。この中に日本関連では5作品が選ばれた。

「里中満智子xパコ・ロカ 日西マンガ家対談」

9月1日、「セルバンテス文化センター東京」において、マンガ家里中満智子氏とスペインのクリエーター、パコ・ロカ氏が対談を行った。パコ・ロカ氏はスペインのみならずヨーロッパ全域で活躍するマルチクリエーター。コミックではその才能が特に評価され、2007年にフランスで発表した『Arrugus(皺)』では

シッチェス映画祭 ディレクター アンヘル・サラ氏に聞く

シッチェス・カタロニア映画祭 スペインポップカルチャーと日本映画 映画祭ディレクター アンヘル・サラ氏に聞く シッチェスの戦略 なぜシッチェス映画祭は、日本映画、日本アニメに注目するのだろうか。来日した映画祭ディレクターのアンヘル・サラ氏にお話を伺った。

TGS2009 海外企業の動向レポート3 (欧州・メキシコ編)

毎年、東京ゲームショウに参加している身からすると、TGS2009の縮小ぶりは物悲しく見えた。その中でひとつのゲームのために巨大な特設パビリオンを構え、気を吐いていた企業があった。フランスの企業ANKAMA社である。オンラインゲーム『ドフス』を携え、