コナミ米国「遊戯王」TCG裁判で和解に満足と発表

コナミの米国子会社コナミ・デジタル・エンタテインメント・インク(Konami Digital Entertainment, Inc. (KDE))は、2月3日に『遊戯王』シリーズ・トレーディングカード偽造事件について米国のトレーディングカードゲーム会社アッパーデック(Upper Deck)と和解したと発表した。

コナミ第2Q減収減益 MGS4反動でゲームソフト半減

ゲーム・健康事業のコナミは、11月5日に平成22年3月期第2四半期の決算発表を行った。連結売上高は1139億1400万円(前年同期比22.5%減)、営業利益は46億1100万円(同79.8%減)、税引前四半期純利益は40億2900万円(同82.0%減)、そして四半期純利益は22億3200万円(同81.3%減)となった。

TGS 5大企業のトップ 日本ゲーム産業を大討論

9月24日に開幕した東京ゲームショウ2009の基調講演に、日本の大手パブリッシャー5社のトップが揃って登場するシンポジウムが行われた。シンポジウムのタイトルは、「グローバル時代におけるトップメーカーの戦略と展望」である。登壇したのはスクウェア・エニックス代表取締役和田洋一氏、カプコン代表取締役辻本春弘氏、ソニー・コンピュータエンタテインメント SCEワールドワイド・スタジオ プエレジデント吉田修平氏、コナミデジタルエンタテインメント取締役副社長北上一三氏、そしてバンダイナムコゲームス代表取締役鵜之澤伸氏である。