コンテンツセミナーのTCDS 8月グランドオープン23講座で

この春より、新しいかたちのコンテンツセミナーとして始まっている東京 ディストリビューション・オブ・コンテンツ セミナー(TCDS)が、8月3日よりグランドオープンする。TDCSは、映画、アニメ、出版、ゲームといったエンタテインメントコンテンツを製作、制作、流通の3つのプロセスに分類して、

ゲームと教育で共同研究 東大とバンダイナムコゲームスが協力

ゲームの子供に対する影響がマスメディアを賑わすことは少なくない。しかし、実際は科学的な調査はこれまで数が少なく、客観的なデータに基づかない情緒的な主張も少なくないのが現状だ。そうしたなかアカデミックとゲーム業界が、

DCAJ デジタルクリエイターズコンペティションの作品募集

財団法人デジタルコンテンツ協会は、デジタルクリエイターズコンペティション2009の作品を募集している。応募の締め切りは8月7日で、10月に開催するデジタルコンテンツエキスポの会期中に授賞式を予定している。

九大アヌシー報告会 学生部門入選 松田美那子さん母校

7月11日、九州大学大橋キャンパスにてアヌシー国際アニメーションフェスティバルの報告会が行われた。アヌシー国際アニメーションフェスティバルは、カンヌ国際映画祭から独立して1960年から開催されてきた歴史と伝統のあるフェスティバルとして知られている。

福岡のコンテンツ関連産業就職フェア真島理一郎氏も

5月28日、アクロス福岡でコンテンツ関連産業就職フェア2009が開催された。今回で3度目となるコンテンツ関連産業就職フェアは、福岡のコンテンツ関連企業による合同就職説明会である。約250の産学官からなる企業団体で組織された福岡コンテンツ産業拠点推進会議が主催している。

「福岡をゲームのハリウッドに」 第2回ゲームフロンティア in 福岡

3月14日、福岡市のアクロス福岡で「第2回ゲームフロンティア in 福岡」が開催された。ゲームフロンティア in 福岡は、九州・福岡のゲーム産業の認知の拡大、ゲームクリエイター志望者の意識啓発を目的に行なわれている。

2008ADAA大賞・福岡コンテンツマーケット2009

2月22日、福岡アジア美術館で、2008アジアデジタルアート大賞の表彰式が行われた。アジアデジタルアート大賞は、2001年から開始されている。挨拶にたった麻生渡福岡県知事は、「福岡の地でも新しい芸術やコンテンツ産業を興そうではないかと始まったのもあるが、今では特にゲーム産業が発展してきた」と述べた。

劇的3時間SHOW 鈴木敏夫プロデューサーが語り尽くす

劇的3時間SHOWは、この秋に開催されているコ・フェスタの公式イベントのひとつとして企画された。
10月6日、今回の企画で唯一、アニメビジネスに関わりのあるアニメプロデューサー、そして人気アニメを次々と生み出すスタジオジブリの社長でもある鈴木敏夫がトークを行った。