アニメ会社4社のトップらがこれからのアニメ業界を語る サンライズ、ボンズ、NBC、ユーフォーテーブル

AnimeJapan 2014の2日目に「アニメの仕事とこれからのアニメ業界」と題されたビジネストークショーが行われた。サンライズ内田健二社長、ボンズ南雅彦社長の、NBCユニバーサル上田耕行氏、ユーフォーテーブル代表の近藤光氏が登壇した。

マンガ・アニメ海賊版対策カンファレンス 集英社・鳥嶋氏 アニプレックス・夏目氏が業界団結アピール

2014年3月23日、AnimeJapan 2014にて「マンガ・アニメ海賊版対策カンファレンス」が開催された。高橋祐馬さんの司会のもと、集英社専務取締役の鳥嶋和彦さんとアニプレックス代表取締役の夏目公一郎さんが登壇。

日本アニメの海外配信の未来は? 国内外の主要企業がビジネストーク

AnimeJapan 2014、ビジネスセミナーで「アニメ海外配信ビジネス最前線~アニメ海外配信の未来~」と題されたパネルが開催された。世界各国のアニメ配信事業者が集い、アニメ配信ビジネスの現状と将来について議論した。

アニソンフェスのプロデューサー3人が鼎談 「大型アニソンフェスの現在地とは?」

3月22日、AnimeJapan2014にて「緊急ディスカッション! 大型アニソンフェスの現在地とは?」が行われた。Animelo Summer Liveゼネラルプロデューサー・齋藤光二さん、ANIMAX MUSIXプロデューサー・薗田好豊さん、そしてリスアニ!LIVEブッキングプロデューサー・西原史顕さんが登壇した。

地域と伝統とアニメ P.A.WORKS作品に見るコラボ AnimeJapan 2014

3月22日、東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2014にて「『アニメ×地域』の最前線~P.A.WORKS作品に見るアニメと「伝統文化」「地域」とのコラボレーション~」が行われた。 登壇者は、オリジナルアニメで様々な地域とのコラボレーションを実現してきた

デジタルコンテンツEXPO コンテンツとテクノロジーの未来を今年も一望

10月24日、東京・青海の日本科学未来館で、デジタルコンテンツEXPO 2013が3日間の予定で開幕した。期間中は、展示やプレゼンテーション、トークなどでコンテンツの制作や表現に関わるテクノロジーを一望する。

京都マンガ・アニメ学会設立 マンガ・アニメ人材ネットワーク・ビジョンを京都から世界へ

京都国際マンガ・アニメフェア2013の会場にて、京都マンガ・アニメ学会設立宣言が行われた。併せて“京都から世界に広がる日本のマンガ・アニメ人材ネットワーク・ビジョン”と題した発表が行われた。

「ワンピース」の海外ビジネスモデル ローカライズ戦略とボーダレス戦略の相乗効果

京都・みやこめっせにてビジネスセミナー「『ONE PIECE』の海外ビジネスモデル」が開催された。京都国際マンガ・アニメフェア2013の一環である。アニメ産業の振興を目指したビジネスイベントとして企画されている。

ASIA-EU CARTOON CONNECTIONレポート 第1回 アニメーションの国際共同製作で韓国ソウルに17カ国170名

[取材・文:伊藤裕美(オフィスH)]ブリュッセルに本部を置くCARTOONと韓国のKOTRA大韓貿易投資振興公社の共同主催のCARTOON CONNECTIONが3月19日から3日間ソウルのグランド ハイアット ソウルで開催された。今回はその様子をレポートする。

「闇の国々」の作家・ブノワ・ペータースが明かすマンガの源流 

日本のマンガ、アメリカンコミックス、ヨーロッパのバンド・デシネ(BD)と世界には様々なマンガ表現があるが、その源流は一体どこにあるのだろうか。そんな疑問に対する答えが、フランスのアーティストから与えられた。