電子書籍で熱いブックフェア マンガは電子化支援に注目

東京国際ブックフェアが、7月8日から11日まで東京ビッグサイトで開催された。例年大きな盛り上がりを見せるブックフェアであるが、今年の夏の盛り上がりはこれまで以上 マンガ出版の存在感が薄いのも同様だ。マンガ書籍の出展は、集英社、角川グループパブリッシング、そして手塚プロダクションなど数社

少年サンデー作品 iPhoneで販売開始 1冊450円

小学館は1月16日より少年サンデーの人気タイトルの iPhone向けの販売を開始した。6月16日発売されたのは『名探偵コナン』(青山剛昌)と『MAJOR』(満田拓也)、『うる星やつら』(高橋留美子)、『うしおととら』(藤田和日郎)の4作品、いずれも少年サンデー

モバイル配信大手4社主催 ケータイコミック大賞開催

モバイル向けの電子書籍配信の大手4社、インフォコム、NTTソルマーレ、bbmf、ビットウェイが協力して、モバイル向けの配信されているマンガから日本一を選ぶケータイコミック大賞が開催されることになった。

トムスと角川がオリジナルショートアニメ共同開発

アニメ製作会社トムス・エンタテインメント(TMS)が、角川グループと手を組んでオリジナルのショートアニメーションを共同製作する。TMSと角川コンテンツゲートは、モバイル向けのオリジナル動画配信サイト「あんちょび」を共同開発する。

ドワンゴ第2Q増収増益 ゲーム、ニコニコ動画が成長

ドワンゴの平成22年9月期第2四半期決算が5月13日に発表された。モバイル事業が前年並みにとどまる一方で、ヒット作の多かったゲーム事業が伸び、「ニコニコ動画」による動画配信ポータル事業が成長し、増収増益の好調な決算となった。