「ハーロック」が3DCGに 東映アニメがパイロット制作

1970年代にアニメ、マンガで展開された松本零士さんの人気SF作品『宇宙海賊キャプテンハーロック』が、2010年に3DCGアニメで蘇った。国内大手アニメ製作会社東映アニメーションは、このほど3DCG版ハーロックである『SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK』のパイロット版を制作した。

任天堂 裸眼で見える3D映像向けの携帯ゲーム機発売

大手ゲーム会社の任天堂は、2011年3月末まで3D映像に対応した携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)を市場に投入することを発表した。「ニンテンドー3DS」は、2009年末までに全世界で1億2500万台を発売した「ニンテンドーDS」シリーズの後継機種となる。

アニマが「ぱちんこCR北斗の拳」メイキング Tooセミナー

CG制作ソフトの販売などクリエイティブ事業のTooは、3月4日に遊技機液晶コンテンツの制作ワークフローを紹介するクリエイター向けのセミナー「遊技機液晶コンテンツ制作ワークフローセミナー開催~株式会社アニマ「ぱちんこCR北斗の拳」メイキング」を開催する。

アニメフェアで開催 アニメ業界のデジタルワークス学生向けセミナー

日本動画協会は、アニメ業界の中におけるデジタルワークスをアニメ業界就職希望の学生に紹介するセミナー『第3回アニメ業界デジタルワークス入門~「現場」が見える!「現場」が分かる!』を東京国際アニメフェア2010の会期中に行う。

ソニー 2011年に米国で3D専用放送局 子供番組も放送

1月6日、ソニーは2011年に米国で、3D(立体視)映像番組専門のネットワーク放送局をスタートさせることを発表した。米国大手メディアグループのディスカバリー・コミュニケーションズ(Discovery Communications)、カナダのIMAX社(IMAX Corporation)と事業運営のための合弁会社を立ち上げる。

セガサミービジュアル・エンタテインメント公式サイトオープン

セガサミーグループのCGアニメーション会社セガサミービジュアル・エンタテイメントが、企業公式サイトをオープンした。同社は、2009年6月にCGアニメーションに特化したスタジオとして設立され、セガサミーグループの戦略会社として注目されていた。