北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐後編‐

椎名ゆかりさんの連載「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」を巡る話題の後編。スーパーヒーロー以外の作品の隆盛についての考察です

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐中編‐

椎名ゆかりさんの連載第22回「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」。中編では、コミックス専門店、コミック・ブック、グラフィック・ノベルなどについて考えます。

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐前編‐

[椎名 ゆかり] 今回はいつもと少し趣向を変えて、アメリカにおける日本産のマンガの状況についてではなく、アメリカにおけるアメリカのコミックスの市場について書いてみたい。

「キャプテンハーロック」国際3D協会で外国アニメーション映画最優秀賞 フランス興収8億円突破

フルCGアニメーション『キャプテンハーロック』が、海外で高い評価を受けている。1月29日に、国際3D協会が開催した第5回国際3D協会 3D CREATIVE ARTS AWARDS授賞式で、『キャプテンハーロック』が外国アニメーション映画最優秀賞を受賞した。