「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐後編‐<アメリカで歴史の中に“発見”された手塚治虫>

[椎名ゆかり]輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第27回 「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」<アメリカで歴史の中に“発見”された手塚治虫>

北米のマンガ事情第27回 「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐中編‐<アメリカでの『鉄腕アトム』マンガ>

[椎名ゆかり] <アメリカでの『鉄腕アトム』マンガ> アメリカで出版された最初の手塚作品は1995年の『アドルフに告ぐ』である。その後、『ブラック・ジャック』『火の鳥』『鉄腕アトム』と続くが、『鉄腕アトム』が出版されたのは、2002年。

北米のマンガ事情第27回 「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐前編‐

[椎名ゆかり]  「アメリカにおける手塚治虫作品の受容の変遷-もうひとつの「手塚神話」の形成」‐前編…今回は米国における手塚の受け止められ方をアニメとマンガのふたつの側面から追っています。

北米のマンガ事情第26回 「アメリカにおける日本のライトノベル―Yen Pressの新たな挑戦」‐後編‐

[椎名ゆかり]文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第26回「アメリカにおける日本のライトノベル ― Yen Pressの新たな挑戦」‐後編‐ ■<アメリカのヤングアダルト小説>

北米のマンガ事情第26回 「アメリカにおける日本のライトノベル ― Yen Pressの新たな挑戦」‐前編‐

[椎名ゆかり]輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第26回 「アメリカにおける日本のライトノベル ― Yen Pressの新たな挑戦」‐前編‐■<アメリカにおける日本の小説>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 後編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐後編‐[椎名ゆかり] ■<イメージ・コミックス>■<クリエイター・オウンド作品の隆盛>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 中編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐中編‐[椎名 ゆかり]<権利を求めるクリエイターの戦い>

北米のマンガ事情 第25回 「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」 前編

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第25回「アメリカのコミックス市場で存在感を増すクリエイター・オウンド作品」‐前編‐[椎名ゆかり]:クリエイター・オウンド(creator-owned)とは?

北米のマンガ事情 第24回 「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」 前編

椎名ゆかりさんの「文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情」。今回は北米で活躍しつつ、日本のBLマンガに進出した米国人アーティスト ジョー・チェンさんを取り上げます。

北米のマンガ事情 第24回 「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」 中編

椎名 ゆかりさんの「文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情」第24回。中編では日本進出した米国アーティスト ジョー・チェンのキャリアと日本マンガとの関わりを追います。

北米のマンガ事情 第24回 「アメリカのコミックス業界で活躍するジョー・チェンの日本デビュー」 後編

椎名ゆかりさんの「文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情」第24回。後編では、アメリカでのアジア系アーティストの活躍と日本でのアジア系作家の活躍の可能性についてです。

北米のマンガ事情 第23回 「マンガの翻訳について考える」 後編

[椎名ゆかり]文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第23回「マンガの翻訳について考える」‐後編 <翻訳はどのように重要なのか> マンガ翻訳における問題点や課題を椎名さんが探ります。

北米のマンガ事情 第23回 「マンガの翻訳について考える」 前編

[椎名 ゆかり]輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情 第23回「マンガの翻訳について考える」‐前編‐<翻訳の重要性のわかりにくさ>。今回は、近年も議論が多いマンガ翻訳について切り込みます。

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐後編‐

椎名ゆかりさんの連載「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」を巡る話題の後編。スーパーヒーロー以外の作品の隆盛についての考察です

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐中編‐

椎名ゆかりさんの連載第22回「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」。中編では、コミックス専門店、コミック・ブック、グラフィック・ノベルなどについて考えます。

北米のマンガ事情 第22回 「アメリカのコミックスは本当にスーパーヒーローばかりなのか」‐前編‐

[椎名 ゆかり] 今回はいつもと少し趣向を変えて、アメリカにおける日本産のマンガの状況についてではなく、アメリカにおけるアメリカのコミックスの市場について書いてみたい。

北米のマンガ事情 第21回 米国のYURIマンガ専門出版社創設者 エリカ・フリードマン氏インタビュー ‐後編‐

椎名 ゆかりさんの連載、文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情第21回。YURIマンガ専門ガ翻訳出版社を立ち上げたエリカ・フリードマン氏インタビュー。後編は“yuri”作品、そしてマンガ全体の米国の状況を語っていただいています。 

北米のマンガ事情 第21回 米国のYURIマンガ専門出版社創設者 エリカ・フリードマン氏インタビュー ‐中編‐

椎名 ゆかりさんの連載、文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情第21回。米国でYURIマンガ専門の日本マンガ翻訳出版社を立ち上げたエリカ・フリードマン氏インタビュー。中編は“yuri”作品とは何かに迫ります。 

北米のマンガ事情 第21回 米国のYURIマンガ専門出版社創設者 エリカ・フリードマン氏インタビュー ‐前編‐

椎名 ゆかりさんの連載、文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情第21回。今回は、米国でYURIマンガ専門の日本マンガ翻訳出版社を立ち上げたエリカ・フリードマン氏インタビュー。