藤津亮太のテレビとアニメの時代 第6回 再放送が生む歴史感覚

第6回 再放送が生む歴史感覚 藤津亮太 前回に続き’70年代の再放送を取り上げる。
 前回見た通り各局は’71~’72年にかけて、夕方にアニメ(を含む子供番組)を本格的に編成するようになってくる。そして、中でも夕方の再放送枠に力を入れているのが日本テレビとNETだった。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第5回 各局の夕方再放送枠の使い方

これまで主に本放送の放送枠について記してきたが、今回は再放送枠について見てみたいと思う。現在、アニメはほとんど再放送されていない。最近、深夜でチラホラと再放送を流す場合もないではないが、定期的に過去作品を放映する再放送枠そのものは存在しない。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第4回 個性的な日本テレビとNETの戦略

さて今回は70年代前半の日本テレビとNET(現在のテレビ朝日)に注目したい。以下、日本テレビとNETが、その年に放送した新作アニメをリストにしてみた。また、参考として輸入アニメと特撮番組も併記した。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第3回 ’70年代前半、TBSとフジテレビの関係

TV放送開始から10年余りを経たこの頃の状況を『テレビ視聴の50年』(NHK放送文化研究所)を次のように書いている。「この時代にはまだ『三冠王』というような表現はなされていなかったが、最初の10年間に圧倒的な強みを示したのはNHKであった。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第2回 ’70年を語る前に’60年代の「第0次ブーム」について

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第2回 ’70年を語る前に’60年代の「第0次ブーム」について 藤津亮太
今回はまず前回の補足から始めよう。前回、’70年に前後して「アニメ」という言葉が、次第に浮上しきたのではないかという推察を記した。

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第1回 最初に倒れたドミノの1枚へ

藤津亮太のテレビとアニメの時代 第1回 最初に倒れたドミノの1枚へ どこから書き始めればいいだろうか。
 とりあえず、比較的最近の話題から。
 アサヒコムに連載されているコラム「アニマゲ丼」にTVアニメの現状に触れた記事が出ていた。(10月8日付け『7時にアニメ見る人を「アニメセブン」と呼ぼうか』※1)