イーブック 台湾で電子書籍ビジネス開始 大陸進出も視野

国内最大手の電子書籍販売サイトのeBookJapanが、台湾に進出する。eBookJapan を運営するイーブック イニシアティブ ジャパンは、2009年11月19日に現地で設立されたeBookTaiwanに出資を予定し、中華圏での電子書籍販売ビジネスを展開する。

イーブック オリジナルレーベル「KATANAコミックス」開始

電子書籍・マンガ販売の国内最大手であるイーブック イニシアティブ ジャパンは、12月18日から電子マンガの新レーベル「KATANAコミックス」をスタートした。見ル野栄治さんの『工場虫』、石川勝哉さんの『ブスが来たりて』、DJイオ&パリッコさんの『何も知らない!』の3作品を同時リリースした。

オリコン年間ランキング シリーズ別ベスト3をジャンプ独占

このコミック部門作品別売り上げ部数ランキングのトップに立ったのは、3月に発売された尾田栄一郎さんの『ONE PIECE』53巻、期間中の推定売上げ部数はおよそ206万部に及ぶ。さらに、2位から4位までを同じ『ONE PIECE』の54巻、52巻、55巻が並んだ。

「ワンピース」新刊発売で朝日新聞全面9ページの大型広告

『ワンピース』第56巻の発売に合わせて、集英社 少年ジャンプは12月4日の朝日新聞朝刊の全面広告を9ページ利用した大型広告を展開した。
この広告はそれぞれのページに、主人公ルフィとその仲間たちを大型イラストでピックアップしている。キャラクターのイラストレーションが中心となっており、イラストの中に少年ジャンプと『ワンピース』からのメッセージが書かれている。

海外携帯マンガ市場目指す セルシスとアプリックスが提携

携帯向け電子書籍ソリューションサービスの大手セルシスは、海外での携帯向けマンガ配信ビジネスのサービスでアプリックスと提携を結んだことを明らかにした。後海外でも拡大が見込まれる携帯向けマンガ配信のニーズに応え、ビジネスを拡大する方針である。

PCタブレットのワコム マンガ・イラスト特化の新商品発売

PC向けペンタブレットの有力メーカーであるワコムは、12月2日より、マンガ制作、イラスト制作に特化した新商品「bamboo Comic(コミック)」を発売する。商品はワコムのベストセラー「Bamboo」シリーズの新しい商品ラインアップとなり、

PSPのマンガ配信 12月10日スタート 1巻420円が中心

PlayStationStore(PSS)を運営するソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、PSSを利用したマンガ作品の配信を2009年12月10日からスタートすることを明らかにした。PSSはインターネットを利用してゲーム機PS3や携帯ゲーム機PSPに向けたサービス

ティーンラブコミック雑誌「恋愛天国」 まるごと携帯配信

ティーンズラブの人気雑誌「恋愛天国(パラダイス)」(竹書房刊)が、この11月からまるごと携帯で配信されることになった。宝島ワンダーネットが運営する携帯コミックサイト「ワンダーコミック(ワンコミ)」で提供される。配信されるのは2ヶ月前のバックナンバーの全部、

集英社 マイクロソフトとマンガの世界展開で連携

集英社は、マンガビジネスの世界展開でマイクロソフトと連携することを明らかにした。両社は日本国内と海外の双方で、マンガのデジタル展開で協力する。事業連携の第1弾として、今年12月からWindows Marketplace for Mobileを利用した携帯マンガの提供を米国市場で開始する。

マンガ雑誌の価格破壊 モーニング・ツー最新号を半値に

無料公開による売上の減少も心配されたが、実際には数多くのメディアがこの企画を取上げたことから「モーニング・ツー」の知名度は一気に高まった。雑誌の売上も大幅にアップしているという。インターネットと紙媒体の雑誌の理想的な共存を実現したかたちだ。編集部は結果的に大宣伝になったとし、大幅に浮いた宣伝費をファンに値下げのかたちで還元することになった。

秋葉原エンタまつり デジタルコミックの未来でシンポ

シンポジウム企画として3つのセッションが10月22日、23日まで秋葉原UDXのAKIBA SQUAREで行われる。いずれも専門家によるトークが中心となる。「PSP/PSストアが展開する本格コミック配信サービスとデジタルコミックスの未来」である。

劇的3時間SHOW 田口浩司氏トーク ゲストに竹田靑滋P

10月6日、東京・青山のスパイラルホールにて、スクウェア・エニックス田口浩司氏が出演する劇的3時間SHOWが開催された。劇的3時間SHOWは、今年で3年目を迎えたJAPAN国際コンテンツ フェスティバル(コ・フェスタ)のオリジナル企画である。

京都でマンガ/コミックス研究の国際会議 今年12月に

京都精華大学国際マンガ研究センターは、今年12月18日から20日までの3日間、京都国際マンガミューアムを会場に世界のコミックス/マンガをテーマとした国際学術会議を開催する。会議は「世界のコミックスとコミックスの世界―グローバルなマンガ研究の可能性を開くために」と題し、特に関連分野の国際的な問題、課題を取上げる。

VIZメディア 「MONSTER」などをMIPCOMで販売

10月5日からフランスのカンヌで始まった国際番組見本市MIPCOMが始まっている。世界最大級の番組見本市には、日本のテレビ番組やアニメを紹介する企業も多数参加する。そうした企業のうち海外で日本のマンガ・アニメを扱う大手企業VIZメディアとその関連会社VIZメディア・ヨーロッパ

NTTソルマーレ インドで携帯向けマンガ配信事業スタート

国内最大手の携帯向けマンガ配信事業者であるNTTソルマーレが、インドの携帯向けのコンテンツ配信事業をスタートさせた。NTTソルマーレは、9月18日よりインドの有力携帯電話会社タタ・テレサービス(TATA TELESERVICES LIMITED)を通じて日本のマンガ配信を行っている。

ビットウェイ 台湾で携帯マンガ配信 仏・香港に続く

携帯向けマンガの大手アグリゲーターであるビットウェイは、10月6日より台湾で日本のマンガの携帯配信サービスを開始した。今回の配信は、ソフトバンググループのリアライズ・モバイル・コミュニケーショ通じて実現したものである。大手携帯キャリア遠傅電信股份有限公司