「鋼の錬金術師」2週連続スクリーンアベレッジ1位 来春全米公開予定

(C)荒川弘/HAGAREN THE MOVIE 2011

 7月2日に全国公開となった劇場アニメ『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』の興行が快進撃を続けている。公開最初の週末の1スクリーンあたりの平均興収(スクリーンアベレッジ)で第1位を獲得したのに続き、7月9日の週末もスクリーンアベレッジ1位を獲得した。
 いわば2週連続で最も劇場内の密度の高かった作品となった。依然衰えを見せぬハガレン人気の大きさを示したかたちだ。
 
 こうした勢いは今後、さらに海外に広がりそうだ。世界各国での展開が次々に決定しているからだ。アジア、ヨーロッパ、北米と次々に作品が姿を見せる。
 まず、世界最大のエンタテインメント市場米国では、2012年春に全米公開予定が決定した。7月29日には、ボルチモアで開催されるアメリカ東海岸の最大の日本アニメ・マンガイベントOTAKONにて北米プレミア上映が開催される。会場には本作の村田和也監督が公式ゲストとして招待されている。来春の劇場公開予定の詳細は不明だが、この場で作品の今後の北米展開も披露されそうだ。

 また、香港では7月29日から開催されるアニメ・コミック・イベントACG HKで前売りを開始。11月上旬に、香港にある8館で上映を行う。香港の劇場数は全部で30館のため、その1/4で公開されることになる。シンガポールでは8月26日から一般公開、台湾での今秋に劇場公開も決定済み。
 フランス・パリでは、先頃開催されたJAPAN EXPOで日本と同日上映を実施し、地元のファンから熱い歓迎を受けた。今後のさらなる動きが期待されるところだ。

「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」
新宿ピカデリー他にて全国公開中
http://www.hagaren-movie.net/