日本アニメ・マンガ アジア地域で優位確保 博報堂調査

 博報堂の調査によれば、日本のアニメ・マンガはアジアの主要都市で高い人気を博しており、欧米や韓国のアニメーション、マンガに対して優位を保っている。このほど同社が発表した「博報堂Global HABIT 調査アジア10都市における日・韓・欧米コンテンツ受容性比較」により明らかになった。
 このレポートは同社が2010年より行っているオリジナル生活者調査Global HABITをもとに、アジアの主要10都市における日本、欧米、韓国のマンガ・アニメ、ドラマ、映画、音楽、メイク・ファッションの受容を比較したものである。10都市には台北(台湾)、香港、メトロ・マニラ(フィリピン)、バンコク(タイ)、上海(中国)、ジャカルタ(インドネシア)、シンガポール、ホーチミンシテイ(ベトナム)、クアランプール(マレーシア)、ムンバイ(インド)が含まれている。

 近年、ポップカルチャーは文化としてだけでなく、産業としても注目される様になっている。各国政府が海外展開を支援するケースも増えており、世界的に競争が激化している。
 とりわけアジア地域では官民一体となった韓国による大規模なプロモーションが続いている。同地域は長年日本のポップカルチャーが強いとされていただけに、近年の新たな動向が関心を集めている。博報堂の調査はそうしたアジア地域のポップカルチャーの現在の状況の一端を明らかにする。

 レポートの結果からは、日本と韓国、欧米のそれぞれが強みを発揮する地域とコンテンツ分野に大きな違いがあることがわかる。
 日本はコンテンツ別ではマンガ・アニメ、そして地域では台北、香港で大きな強みを発揮している。また、正規版の展開が遅れている上海でも比較的強みを持っている。一方、欧米は映画、音楽で日韓を圧倒的しており、テレビドラマも影響力が大きい。
 韓国はテレビドラマが強く、バンコクやホーチミンを得意な地域としている。両都市は近年韓国が特に戦略的に進出をしているだけに、それが結果になって現れているといえる。両地域では、映画、音楽、メイク・ファッションでも日本製より韓国製の受容が高くなっている。

 マンガ・アニメ(コミックス・アニメーション)については、依然、日本が欧米、韓国を圧倒している。例えば、「よく見るマンガ・アニメはどこの国のものが多いですか」との質問に対して、最も受容の高かった台北では6割が日本を挙げ、欧米の1割を引き離している。ただし、インドでは日本、欧米、韓国もほとんど回答がなく、インド自国のコンテンツが強みを発揮している。10都市平均では日本が27.4%、欧米10.2%、韓国が1.7%である。
 現在、クールジャパンのキャッチフレーズのもとで、日本カルチャーの海外発信が積極的に目指されている。そのなかでアジア地域では、アニメ・マンガ分野がこれを牽引しているといえそうだ。

博報堂 http://www.hakuhodo.co.jp/