コ・フェスタ2011 開催日程発表 公式14イベントも

 JAPAN国際コンテンツフェスティバル実行委員会は、2011年のコ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)の開催を発表した。コ・フェスタは日本のコンテンツ・クリエイティブ産業を統合的に世界に発信することを目的に2007年からスタートした。今年で5年目を迎える。
 約130万人が参加する世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバルとして、ゲームやアニメ、放送、音楽、映画などの国際見本市やファッション、デザインなどのイベントを通じて、関連産業を振興する。オフィシャルイベントには東京ゲームショウ、東京国際映画祭、TIFFCOM、CEATEC JAPANなど国内有数の国際イベントが含まれる。

 7月4日の発表時点では、14のオフィシャルイベントが挙げられている。東京ゲームショウ、日本ゲーム大賞、東京国際アニメ祭、KYOTO CMEX、CEATEC JAPAN、東京発 日本ファッション・ウィーク、ATP賞テレビグランプリ、デジタルコンテンツEXPO、「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール、東京国際映画祭、 国際ドラマフェスティバル、TIFFCOM、東京国際ミュージックマーケット、Creative Market Tokyoである。ゲーム、アニメ、ファッション、テレビ番組、CG、映画、音楽、キャラクターなどを網羅するラインナップだ。
 また、オフィシャルイベントとは別に、実行委員会はコ・フェスタと連携するパートナーイベントを今年も募集する。詳細は映像産業振興機構の公式サイトにて確認できる。コ・フェスタ2011の公式サイトは7月中旬にオープンを予定している。

 昨年は同じ秋葉原で、電子書籍・マンガをテーマにした「電子書籍・コミック サミット in 秋葉原 」が11月12日から14日まで開催された。こちらは2011年の計画は現在のところ発表されていない。
また関西地区の大型コンテンツイベントであるKYOYO CMEXは、2010年は9月25日から12月12日とロングランのイベントであったが、今年は10月1日から11月27日に圧縮される。コ・フェスタ全体との連動が高まりそうだ。 

コ・フェスタ 公式サイト(7月4日現在2010年版) http://cofesta.jp/
映像産業振興機構 http://www.vipo.or.jp/