日本動画協会 新任副理事長にTMS吉田力雄氏

 日本動画協会は、6月16日に定時社員総会と理事会を開催し、協会を運営する理事の選任を行った。今回選任されたのは、理事長1名、副理事長2名、専務理事1名、常務理事3名、上席理事1名、理事10名、監事1名、相談役2名、顧問2名の合計23名である。

 理事長はこれまでに引き続き ぴえろの布川司代表取締役社長が務める。正会員33社、準会員25社の動画協会をまとめることになる。
 副理事長は異動が行われた。サンライズの吉井孝幸氏(現サンライズ音楽出版代表取締役)は退任し相談役へ就任する。副理事長に留任する東映アニメーション大山秀徳常務取締役が、新たに副理事長に昇格したトムス・エンタテインメントの吉田力雄氏(トムス・エンタテインメント参事マーケティング部長)と伴に理事長を支える。

 常務理事には理事から新たに南雅彦氏(ボンズ代表取締役社長)、毛内節夫氏(エイケン代表取締役社長)、八木正男(小学館集英社プロダクション代表取締役社長)が就任。日本アドシステムの永井秀之氏(現サラビー代表取締役)は相談役に退く。常務理事はこれまでの2名から3名に拡大する。

 専務理事両角孝保氏(一般社団法人日本動画協会事務局長)は留任。また、手塚プロダクション 代表取締役社長で映像産業振興機構の理事長も務める松谷孝征氏が上席理事に就任する。
 新任理事は、日本アニメーション石川和子代表取締役社長、サンライズ内田健二代表取締役社長、日本アドシステムズ篠田芳彦取締役の3氏である。

 日本動画協会は、日本のアニメーション産業の発展を目指し、アニメ製作企業を中心に2002年に設立された。現在は、関連企業も含め58社が参加し、アニメに関わる事業の実施や業界の意見のとりまとめなどを行っている。

日本動画協会 http://www.aja.gr.jp/