コンテンツ制作のビジネスマッチング見本市CMT 10月開催

 10月26日から28日まで、東京・六本木ヒルズ 森タワーでCreative Market Tokyo(CMT)2011が開催される。2011年の開催に向けた公式サイトが5月30日に立ち上がった。
 CMTはコンテンツ制作者の事業化支援を目的としたビジネスマッチング見本市として位置づけられている。優れたコンテンツを持つ制作者の販路確保や製作資金調達の支援、ビジネス関係者を結びつけるハブを目指している。
 開催にあたっては、10月24日から26日まで同じ六本木ヒルズ 森タワーで行われるTIFFCOM2011と連携する。番組やコンテンツそのものの国際見本市であるTIFFCOMとの相乗効果を狙う。

 CMTはもともと2002年に、クリエイター総合見本市である東京コンテンツマーケットとしてスタートした。開催地は当初の東京フォーラムからその後六本木ヒルズ 森タワーに移り、東京国際映画祭、TIFFCOMと同時期に並ぶかたちとなっていた。
 さらに2009年、2010年には、開催地を東京ビッグサイトに移し、過去2年間はライセンシング・マーケットとの連動を図った。しかし、ライセンシングアジアの出展・動員が伸びなかったこともあり、2011年は再び六本木に戻るかたちとなる。

 運営体制の変化は激しいが、イベントの動員は堅調で、参加コンテンツ制作者の出品作のレベルは近年飛躍的に向上している。2010年も、キャラクター、映像で注目すべき企業や作品が多かった。映画祭、TIFFCOM関連で来訪者が多い六本木で、そうしたコンテンツ制作者とビジネスとの出会いの場の拡大を目指すことになりそうだ。
 6月14日15時15分からは、六本木ヒルズ森タワー40階にて出展応募説明会とスキルアップセミナーを開催する。CMTの公式サイトでは、この説明会の参加者を募集している。

Creative Market Tokyo(CMT)2011
http://www.cmtokyo.jp/
期間: 10月26日(水)-28日(金)
場所: 東京 六本木ヒルズ 森タワー