芸大の映像プロデューサー講座で カナダNFBをテーマに

 映像プロデューサーを目指す人のために東京藝大映像研究科が主催する公開講座「馬車道エッジズ」『現代映像プロデュース論』にカナダ国立映画制作庁(NFB)のプロデューサーと経験者が登場する。
 NFBはカナダを代表する映画制作支援の団体で、アニメーション作品も数多く手掛けてきた。その成果の高さは、プロデュース作品が過去アカデミー賞短編アニメーション賞に7度も輝いていることも分かるだろう。

 9月21日に開催する第3回「日本とカナダのプロデュース力」では、70年の歴史を持つNFBの企画開発力と国際共同制作の秘密に迫る。才能の発掘や、企画開発、国際共同制作などがテーマになる予定だ。
 講座は9月から10月に開催されるカナダ・アニメーション・フェスティバルとの共同主催となっている。ゲストには、NFBの現役プロデューサー マーシー・ペイジさんとアニメーション担当のマーケティングマネジャーの経験があるエレーヌ・タンゲさんを招く。

 講座は14時から16時半までの2時間半を予定しており、また講演終了後には懇親会も行う。さらに深い情報交換も出来そうだ。
 『現代映像プロデュース論』は公開講座としており、学生でなくとも誰でも無料で参加可能だ。(懇親会は会費制)アニメーションだけでなく、映像にかかわるビジネスに関心がある人は勿論、海外のアニメーションのファンにも興味深いものとなりそうだ。
 参加は事前にメールにて申し込みを受け付ける。公開講座の詳しい内容は、公式サイトで確認出来る。

「現代映像プロデュース論」~最もホットな人の、最も新しいビジョン~http://animation.geidai.ac.jp/pd2009/index.html

第3回講座
NFBプロデューサー・ティーチイン
「プロデュース力とは」NFBの企画開発力と国際共同制作力
平成21年度文化庁委託事業
「日本とカナダのプロデュース力」を考える日加国際交流事業 

2009年9月21日(月)
14時~16時半(懇親会17時~会費制)
会場: 東京藝術大学横浜校地 馬車道校舎 http://www.fnm.geidai.ac.jp/
参加: 入場無料事前申込制
申込メール:pd2009@animation.geidai.ac.jp
※申込(希望する講座名、氏名、メールアドレス、懇親会への出席の有無をご記入の上、上記のメールあてお申込ください。) 

主催: 東京藝術大学、カナダ・アニメーション・フェスティバル事務局
共催: カナダ国立映画制作庁、カナダ大使館、横浜市開港150周年・創造都市事業本部
協力: BankART1929

PD03image