「デュラララ!!」 米大手放送局で6月から放映決定

 アニプレックの米国法人アニプレックスUSA(Aniplex of America Inc.)は、日本の人気アニメ『デュラララ!!』が、本年6月より米国の大手CATV「アダルト・スイム(Adult Swim)」にて放映開始することを発表した。アダルト・スイムは米国でアニメーションを放映する三大チャンネルのひとつカートゥーンネットワーク(Cartoon Network)の夜から深夜の放送時間帯を、ヤングアダルト向けの編成で独立させたものである。
 一方、『デュラララ!!』は、国内では2010年1月から6月まで半年間、全24話で放映され、人気を博した。『バッカーノ』などヒット作もある成田良悟さんの小説を大森貴弘監督のもとでブレインズ・ベースが映像化した。池袋を舞台に多数の個性的なキャラクターが登場、アクション、サスペンス、ミステリーなどのエンタテイメント満載に群像劇を描く。物語の複雑さ自体が作品の魅力となっている。

 アニプレックスUSAによれば『デュラララ!!』は、6月より土曜日夜に英語吹替え版で放映される。さらにテレビ放映後は、AdultSwim.com.でのオンライン配信も予定する。
 日本と同様に米国でも新作アニメのテレビ放映は、作品の認知度の向上、そしてDVD・BDなどの関連商品のプロモーションに大きな効果があるとされている。アダルト・スイムでの放映は、映像パッケージ発売も予定されている『デュラララ!!』の人気を大きくバックアップすることになりそうだ。

 米国では2000年代前半に、多数の日本アニメが放映されていた。しかし、近年その放映枠は大きく減少している。ヤングアダルト向けの新作が大手局で放映されるのは、極めて少ない。
 日本アニメを数多くプログラムしたアダルト・スイムでも、同局による自社製作のアニメーション、実写ドラマが増え、日本作品を減らしている。近年、新作として導入されたのは『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCAMIST』、『結界師』など少数だ。
 『デュラララ!!』のテレビ放映はアニプレックスUSAにとって意味が大きい。同社は昨年7月より米国でのアニメDVDの自社発売をスタートさせている。本作は同社が発売するタイトル初の大手チャンネルでのテレビ放映となる。米国でのビジネス拡大を目指すアニプレックスの新たな挑戦になる。

アニプレックスUSA  http://www.AniplexUSA.com
『デュラララ!!』(米国公式サイト) http://www.DurararaUSA.com
アダルト・スイム http://www.adultswim.com/