東京ゲームショウ メインビジュアル公開 心躍るコンセプト

 9月15日から18日まで、幕張メッセを会場に東京ゲームショウ2011が開催される。日本から世界に向けて情報を発信する大型イベントである。
 このイベントを象徴するメインビジュアルが決定、このほど公開された。デザインを手がけたのは昨年のメインビジュアルのポップなキャラクターが好評を博したイラストレーター形部一平さん。本年も東京ゲームショウ 2011のコンセプトを盛りこみ新しい時代を感じさせる。

 ビジュアルで表現されたのは、東京ゲームショウ2011が掲げるテーマ「心が躍れば、それはGAMEです。」である。画面の中央からGAME体験の象徴である少女が外に向かって飛び出し、動き出すイメージが表現されている。
 ビジュアルの背景はネットワークを表現した広がりのあるライン、そして飛び出すキャラクターは、ゲーム関わる様々なデバイスをまとう。これらは本年のゲームショウが再定義する新たなゲームの概念「新しい感動を得られるものがGAME体験」をも体現する。ソーシャルネットワークや新しいデバイスの普及を視野に入れたものだ。

 東京ゲームショウ2011は、昨年同様に前半2日間のビジネスデイと後半2日間の一般公開日4日間で開催する。開催にあたっては、安全な運営と節電対策も目指されている。また、期間中は東日本大震災の被災者に向けた募金活動やチャリティーオークションなども予定する。
 期間中の来場数予想は19万人、出展者は180社、小間数1500となっている。東京ゲームショウ事務局は6月3日まで出展申し込みを受け付ける。6月22日には、展示規模や出展社の発表も行う。

東京ゲームショウ 2011(TOKYO GAME SHOW 2011)
http://www.gyoubu.com/

主催: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社  後援: 経済産業省
会期: 2011年9月15日、16日 ビジネスデイ  17日、18日一般公開日
会場: 幕張メッセ