「聖闘士星矢 ONLINE」セガが中国でライセンス展開

 ゲーム大手のセガは、車田正美さんの人気マンガ『聖闘士星矢』の多人数同時参加型オンラインゲームを開発、中国市場で展開することを発表した。中国の大手オンラインゲーム会社Perfect Worldのグループ会社Beijing Perfect World Network Technologyとライセンス契約を行った。
 Perfect Worldが中国でのサービスを担当する。2011年中にユーザー向けテストを開始する予定で、ゲームは基本プレイ無料のアイテム課金の方法をとる。

 『聖闘士星矢』は「週刊少年ジャンプ」(集英社)での連載開始から、およそ四半世紀にわたり世界中で人気を集めてきた。特にヨーロッパ、アジア、南米で特に人気が高く、中国はそうした地域のひとつである。今回はそうした国外での人気の高さからグローバル展開のタイトルとして、ピックアップされたようだ。
 セガによれば、中国の2010 年のオンラインゲーム市場規模は4000億円を超え、現在も成長が続いている。Perfect Worldは米国NASDAQ市場にも上場する同国有数のオンラインゲームの開発・運営会社で、『パーフェクトワールド -完美世界-』などの人気タイトルを抱える。有力企業との協業で、中国市場の攻略を目指す。セガはPerfect Worldと取り組みことで、中国だけでなくアジアの広い地域でゲームを提供するとしている。

 『聖闘士星矢』はオンラインゲーム以外でも、中国最大のカジュアル・アパレル会社Meters/bonweが作品をテーマにしたTシャツのコレクションを発表している。また、先頃はバンダイが世界展開を視野にフィギュア玩具の新ラインナップの発売を発表した。
 さらにCGによる新作劇場アニメの製作も決定している。国内外とも作品のリバイバルの機運が高まっている。2011年以降の活躍が期待されている。

 また、セガは香港でもオンラインゲームの展開を拡大する。地域のオンラインゲーム会社GameCyber Technologyと『三国志大戦 INFINITY ONILINE』の香港での運営に関するライセンス契約締結も発表した。『三国志大戦 INFINITY ONILINE』は、アーケードゲーム『三国志大戦』をベースにアジア市場向けにPCオンラインゲームとして開発された。
 アーケードゲームは既に香港をはじめとしたアジア各国で人気を博していることから、PC オンラインゲームでの市場拡大も期待する。

セガ http://sega.jp/
Perfect World  http://www.perfectworld.com/
GameCyber Technology  http://www.gamecyber.com.hk/

『聖闘士星矢 ONLINE』
対応OS: Windows
サービス時期 : 2011 年中 ユーザー向けテスト開始予定
価格: 基本プレイ料金無料(有料オプションあり)

『三国志大戦 INFINITY ONLINE』
対応O S: Windows
サービス時期: 2011 年(予定)
価格: 基本プレイ料金無料(有料オプションあり)