テレビ東京 アニメ事業増収減益 売上げ64億円

 テレビ東京ホールディングスは、5月12日に平成23年3月期の決算を発表した。連結売上高1073億2700万円、営業利益は22億7500万円、経常利益は26億7100万円、当期純利益は26億9400万円である。
 同社は平成22年10月にテレビ東京、テレビ東京ブロードバンド、BSジャパンの経営統合により誕生したため前年比での業績は発表されていない。ただし、テレビ東京単体では売上げ、粗利益とも小幅減少である。

 同局の強みのひとつとなっているアニメ事業は、増収減益だった。通期のアニメ事業収入は64億400万円(前年比4.1%増)、粗利益は11億8400万円(同9.3%減)である。第4四半期の単独の売上げが前年同期比で58.2%増と、期末の伸びが大きかった。
 好調だった番組は、『NARUTO』、『遊戯王』、『ポケットモンスター』の定番主力3タイトルである。さらに新番組で『イナズマイレブン』も健闘した。しかし、全体では国内外ともアニメ市場が軟調であり、低調であったとしている。

 一方で、CS放送関連事業で、グループ会社でアニメ専門チャンエルを運営するエー・ティー・エックス(AT-X)が好調だった。平成22年11月末で加入者が13万件を突破したほか、『メタルファイト ベイブレード』の関連商品などのライツ売上げ好調だった。
 通期売上高は40億8600万円で、過去最高となった。テレビ東京のアニメ事業とAT-Xの事業を合算すると、テレビ東京HDグループ全体のアニメ関連事業売上高は100億円超となる。

テレビ東京ホールディングス http://www.txhd.co.jp/