50回迎える東京おもちゃショー 6月16日より16万人見込む

 社団法人日本玩具協会は2011年6月16日から19日までの4日間、東京ビッグサイトにて国内最大の玩具見本市 東京おもちゃショー2011を開催する。東京おもちゃショーは、1962年玩具の国際見本市としてスタート、今回で50回目の節目を迎える。
 日本を代表する大型見本市のひとつで、2010年は国内118社、海外21社が出展、展示玩具総数は3万6000点にも及んだ。また、4日間の会期中の来場者数は、バイヤーおよそ2万人、一般来場者約14万人にものぼる。本年もバイヤーズデーとパブリックデーの両日で、16万人の来場を見込む。

 日本玩具協会は今回の開催にあったって、厳しい社会状況下だからこそ、玩具業界が一丸となって、玩具を通じ、これからの日本の未来を担う子供たちに笑顔になってもらうことが、何よりの貢献だとする。そのうえで、例年通りの東京おもちゃショー開催を決定した。
 一方で、協会会員企業26社は、NPO法人エデュケーショナル・フューチャーセンターを通じて、東日本大震災の被災地域の子どもたちに玩具を届ける活動を行っている。こちらの活動でも玩具を通じた笑顔を目指す。

 東京おもちゃショー2011は出展各社による最新の玩具の展示のほか、このほかにも日本の玩具業界の振興のためにイベントを企画する。3年前にスタートした日本おもちゃ大賞2011の受賞作品の発表展示、今年は開催50回を記念した歴史紹介コーナーも設ける。
 さらに子ども関連の企業、団体が子どもたちの衣食住について紹介する。パブリックデーには、例年人気を集めるキャラクターショーを実施、見本市だけでなく、親子で楽しめるイベントとしての魅力も発揮する。

東京おもちゃショー2011
–International Tokyo Toy Show 2011-

http://www.toys.or.jp/toyshow/

主催: 社団法人 日本玩具協会
共催: 東京都   後援:経済産業省
会期: 2011年6月16日(木)~19日(日)
商談見本市(バイヤーズデー) 16日(木) 17日(金)9:30~18:00
一般公開(パブリックデー) 18日(土) 9:00~17:00 19日(日) 9:00~16:00
会場: 東京ビッグサイト 西展示棟1~4ホール
対象:
バイヤーズデー:業界関係者(招待状持参者および当日登録者)
パブリックデー:一般消費者(入場無料)