トムスのアニメ70作品 iPhone・iPadに全面対応

 大手のアニメ会社トムス・エンタテインメント(TMS)の人気作品が、iPhone・iPadで楽しめる様になる。TMSは自社が運営するアニメ動画配信ポータルサイト「ムービースクエア」をこのほど全面リニューアルし、動画配信機能を大幅にアップさせた。
 なかでも大きな変化は、iPhoneとiPadへの対応を導入したことだ。「ムービースクエア」を通じて、有料配信サービスを開始した。他のアニメ会社に先駆けて、いち早く自社運営動画サイトのスマートフォン対応する。近年、インターネット配信、モバイル対応に力を入れるTMSが、ここでも積極的に事業開拓を進める。

 既にiPhoneとiPadで観ること出来るのは70作品、2711話にも及ぶ。(2011年3月31日現在) このなかには「ルパン三世」シリーズや「巨人の星」シリーズ、『あしたのジョー2』などの名作から『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』といった現在の人気作品まで幅広く有料配信される。
 TMSは今後も作品を順次追加して行くとしている。今まで以上に、手頃にTMSのアニメが楽しめるポータルサイトとして活躍することになる。

 また、今回はPC版サイトでも、2005年に「東京ムービーONLINE」としてスタートして以来の大きなリニューアルが行われている。動画配信にMicrosoftの Silverlightを採用し、これまではWindowsのExplorerだけでなく新たにMac OS XやSafari、Google Chrome、Firefoxでも閲覧が可能となった。
 さらにユーザーインターフェイスを一新し、レビュー機能や評価機能なども加えた。操作性の向上とインタラクティブ機能の強化を実現している。

ムービースクエア http://www.moviesquare.jp/