ロシアの日本ポップカルチャーイベントに1500人

 3月12日と13日、ロシア第2の都市サンクトペテルスブルグにて、日本のポップカルチャーをテーマとして「Tokyo Pop Culture Index (topix)」が開催された。本イベントは日本とロシアの企業が参加、協力する同国初のイベントとして注目されていた。
 会場となったサンクトペテルブルクにあるイベントホール バルチックハウスには、会期中2日間に若者を中心におよそ1500人に集まった。コスプレなどでアピールするステージイベントには、78組が参加し会場を盛り上げた。
 また、期間中に会場には、テレビや新聞、雑誌、ウェブなど、地元のメディア27社が会場の取材に訪れた。初開催とは思えない注目を浴び、成功裏にイベントの幕を閉じた。

 イベントはステージイベントと展示イベントのふたつから構成されている。展示イベントでは、イラストやコスプレ写真が紹介された。日本のポップカルチャーをコンセプトにしたイベントはヨーロッパ各地で開催されているが、topixではファッションがよる強く打ち出されているのが特色となっている。

 また、本イベントは、3月11日に起きた東日本大震災の直後になったため、被災した多くの日本の人たちを心配する参加者も多かった。
 そこで主催者が会場内の壁に白布を貼り、被災者の方々へメッセージを募集したところ、参加者した多くのロシア人が、温かいメッセージを書きこんだ。

「Tokyo Pop Culture Index (topix)」
http://www.topix.spb.ru

会期: 2011年3月12日(土)、3月13日(日)
開催地: ロシア・サンクトペテルブルク
会場: フェスティバル劇場 バルチックハウス(Festival Theatre Baltic House”)
主催: 株式会社美研インターナショナル
企画・運営: 学生連合委員会 St.Petersburg CosBand Union
監修: topix アドバイザリーボード
後援: 
在サンクトペテルブルク日本国領事館/サンクトペテルブルク市/サンクトペテルブルク市政府文化委員会/露日協会
特別協力:
(財)日本ファッション協会/デジタルハリウッド大学/バンタンデザイン研究所/NPO法人 日本デコレーター協会/Anime Line(露・アニメ専門誌)/ProCosplay(露・コスプレ専門誌)/JrockStar(露・J-Rock専門誌)/JAME(ロシア・コンテンツ関連プロダクション)
衣装協力:
MARBLE/Metamorphose temps de fille/La Pafait/MA*RS/TaBoo