トランスフォーマーのオンランゲーム開発 12年世界展開

 米国玩具大手のハズブロは、英国のオンラインゲーム会社Jagex(Jagex Games Studio)と『トランスフォーマー』をテーマにしたオンラインゲームを共同開発すると発表した。ゲームは2012年に北アメリカ、ラテンアメリカ(中南米)、ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアでリリースする予定だ。現在の計画では、アジア、アフリカ地域は含まれない。
 トランスフォーマーはこれまでハズブロによる玩具を核に、テレビアニメーション、実写映画、ゲーム、コミックスなどが展開されている。これにオンラインゲームが加わることになる。ロボットアクションが中心だけにオンラインゲームとの相性もよく、今後期待のコンテンツになりそうだ。

 トランスフォーマーの誕生は1984年と古い。長年にわたり玩具とテレビアニメーション番組が連動するかたちでマーケティングされ、多くの男の子に愛されてきた。
 現在は2007年の実写化映画かをきっかけに、さらに大きなブームを巻き起こしている。ハズブロにとってトランスフォーマーは、経営を支える主力キャラクターと言っていいだろう。
また2011年には劇場映画第3弾の公開が予定されており、2010年にはハズブロ傘下の子供チャンネルThe Hubにて新作テレビアニメーションシリーズ『トランスフォーマー:プライム(Transformers: Prime)』も放映開始し、好評を博している。オンラインゲームは、こうした2010年から2012年にかけての強力なプロモーションの一翼を担う。

今回、ハズブロと共同開発を行なうJagexは、英国に拠点を持つオンラインゲームの開発と運営を手がける世界的な大手企業だ。主力タイトルの「RuneScape」をはじめおよそ40タイトルを運営する。今回のゲームの詳細はこれまでのところ明らかにされていないが、ハズブロの期待は大きい。
 オンラインゲームはもともとアジア地域で大きな人気を得ていたが、近年は欧米地域でも人気が高い。さらに米国の子供向けのキャラクター企業は、近年インターネットを通じたインタラクティブ性のあるキッス向けのコンテンツ開発に力を入れている。ウォルト・ディズニーやニコロデオン、ワーナー・ブラザーズなどが、自社プロパティのインタラクティブ・サイト、オンラインゲームなどに大きな投資を行なっている。トランスフォーマーのオンラインゲームにも、そうしたキャラクタービジネスのトレンドが感じられる。

ハズブロ http://www.hasbro.com/
Jagex(Jagex Games Studio) http://www.jagex.com/