遊戯王とピカチュウ:世界で最もお金を稼ぐキャラクター

 企業ランキングや資産家ランキングで有名な雑誌フォーブスのオンラインマガジンForbes.com11月1日号が、2003年度の世界で最もお金を稼ぐキャラクターべスト10を発表した。日本のアニメキャラクターから遊戯王が売上高16億ドル(約1700億円)で6位に、ポケモンが8億2500ドル(約890億円)で10位にランクされた。
 この金額は2003年度のおもちゃ及びマーチャンダイジング商品と、ビデオグラム(ビデオ/DVD)、劇場収入、ビデオグラムのレンタル収入を合計したものである。キャラクターの定義は、本や映画、マンガなどから派生したキャラクターで、こうしたバックグラウンドのないGIジョーやバービー、そして、昨年は40億ドルの売上げで3位に入ったハローキティもランキングから除外された。昨年度ランキングに入っていたシンプソンズ、パワーレンジャー、スターウォーズ、モンスターズインクはランク外に消えた。

 こうしてみると思い当たるような、ないような結果である。特にスヌーピーがランクインしていないので、日本人の感覚とずれているかもしれない。バットマン、スターウォーズが入らないでXメンが入るのも同様である。日本のアニメは、遊戯王の意外な健闘ぶりとポケモンの根強い人気がさすがという感じだ。しかし、ランクには出てこないドラゴンボール、セーラームーンといった作品がどのくらい稼いでいるのか気になるところだ。

フォーブスの世界で最もお金を稼ぐキャラクターべスト10 (情報源 Forbes.com)
1.ミッキーマウスとその友人(58億ドル)
2.くまのプーさん(56億ドル)
3.フロド(指輪物語)(29億ドル)
4.ハリーポッター(28億ドル)
5.ネモ(20億ドル)
6.遊戯王(16億ドル)
7.スポンジボブ(15億ドル)
8.スパイダーマン(13億ドル)
9.ウルヴァリン(Xメン)(9億ドル)
10.ピカチュウ(8億2500万ドル)