角川Gとグリーが業務提携 ハルヒのソーシャルゲームも

 2月24日、角川グループホールディングスとグリーは、互いの事業分野を活かした業務提携を進めることを発表した。角川グループの持つ雑誌、書籍、映画、アニメ、マンガ、ゲームなどをグリーの展開するSNSで活用する。
 今回発表された主な提携は2つである。ひとつはGREEが提供するGREE Platformで、角川グループ自身が開発した電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」が利用可能にする。もうひとつは、GREE Platformに角川グループのコンテンツを利用したソーシャルアプリの提供を行なう。

 「BOOK☆WALKER」のGREE Platformの展開は2011年夏の提供開始を目指す。SNSならではのソーシャル性、コミュニション機能を盛り込む。具体的には購入した書籍の紹介や、ユーザーの購買履歴・書評の共有、友人が欲しがっている書籍を購買、プレゼント機能などを盛り込む。さらに友人と読書することでストーリーが変わる作品など新しいかたちのコンテンツの共同開発も見据える。
 さらにソーシャル向けのアプリでは、第1弾としてアニメ化もされた人気ライトノベル『GOSICK』のソーシャルアプリを近日中に提供開始する。さらに『涼宮ハルヒの憂鬱』、映画『源氏物語』、『ぺらぶ! a cappella love!?』を順次リリースする予定である。人気タイトルの活用は、角川グループの新事業に対する期待の大きさを示していそうだ。

 両社は互いのメディアを利用した共同プロモーションも行なう。モバイルとリアルの連携によりユーザーの拡大を狙う。書店で購入する書籍の帯や販促物に二次元コードを載せ、そこからアクセスすると限定アイテムが手に入るといったものだ。ここからは角川グループが既存の書店にかなり配慮をしている様子が窺われる。また今年冬公開予定の実写映画『源氏物語』の共同プロモーションも予定している。
 昨今は大手エンタテイメント企業のSNS、モバイル向けコンテンツへの進出が続いているが、今回の業務提携はかなり幅広い範囲に及んでいる。今後のモバイル、SNSのビジネス動向にも影響を与えそうだ。

角川グループホールディングス http://www.kadokawa-hd.co.jp/
グリー http://www.gree.co.jp/