GyaO大型再編で有料映像販売開始 無料配信には「時かけ」も

 今年4月にヤフーの子会社となったGyaOが、そのサービスを全面刷新した。9月7日午後より、GyaOはサイトの全面リニューアルを行い、これまでの黒と赤をベースにしたサイトからより親しみやすいホワイトを基調としたデザインに様変わりした。
 変わったのはデザインだけでない。GyaOはヤフーグループの映像セクションとしての位置づけを明確にし、ヤフーのポータルサイトからの連動を開始した。一方で、これまでポータルサイトの中にあったYahoo!動画はなくなり、GyaOに統合された。

 リニューアルに伴いビジネスモデルも大幅に変更される。これまでGyaOは多数のユーザーを持ちながら、広告事業をベースでの黒字化に至らなかった。
 今回はこの反省から、新たに映像の有料販売を導入する。GyaO!ストアである。最新の映像はプロモーションを兼ねた無料配信をし、一方でアーカイブ的な作品は有料販売で視聴可能になる。
 無料配信の広告もこれまでのテレビ広告型の番組挿入型だけでなく、映像画面と画像の枠の外を利用したインタラクティブヴィジョンやページ全体の企画と結びついたもの、さらにインターネットならではのターゲッティング配信を導入する。
 こうした広告は、これまでヤフーとGyaOの双方に技術を提供してきたマイクロソフトのSilverlightの最新バージョン3.0を積極的に利用することで可能になる。

 今回の全面リニューアルに合わせて、映像コンテンツも大幅に強化される。先週、GyaOに出資をすることを発表したフジテレビ、日本テレビと連携するだけでなく、このほか複数の大手メディアと事業提携を交渉中だという。
 また、9月7日には、東京・六本木のヤフー本社で記者会見が開かれ、GyaOの代表取締役社長の川邊健太郎氏のほか、ワーナー・ブラザーズ テレビジョン日本代表の小田充氏、角川グループのネット映像事業会社ムービーゲートの代表取締役専務原田氏、マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部長大場章弘氏が出席した。

GyaO!