CEDEC 講演者公募開始 インタラクティブセッションも登場

 コンピューターゲーム開発者のための国内最大のカンファレンスCEDECが、2011年の開催に向けて講演者の公募を開始した。CEDEC2011は、今年9月6日から8日まで3日間にわたりパシフィコ横浜で行われる。開催期間中は、講演やパネルディカッション、ワークショップ、研究発表などおよそ200のセッションが設けられる。昨年はおよそ300人が講演者として登壇した。
 講演者の公募は、若手開発者や研究者、学生の参加を促すこと、またカンファレンスの多様性を目指して導入されている。応募された企画から主催者が採択し、公式セッションとして発表することになる。

 公募対象は、長さ60分の「セッション」、「パネルディスカッション」、「ラウンドテーブル」、さらに20分、30分の「ショートセッション」と発表者と受講者のニーズに対応する。また、2011年の新たな試みとして「インタラクティブセッション」を設ける。
 「インタラクティブセッション」は、2010年に参加者から好評を博したポスターセッションを発展させたものだ。ポスターセッションでは、自身の発表を会場に掲示し、時にはその内容についてポスターの前で討論を交わしていた。この参加者と発表者のインタラクションの部分をさらにフォーカスする狙いがある。

 応募はCEDEC公式ウェブサイトよりフォームをダウンロードして行なう。コンピュータエンターテインメント開発者、その関連業務の従事者、研究者、学生が応募可能だ。また、国内だけでなく海外からの応募も受け付けている。締め切りは3月31日となっている。
 公募採択者には、受講パスの進呈や講演者パーティーへの招待などの特典が提供される。応募者全員に、受講パスの割引、基調講演優先入場などの特典が与えられる。

 また、CEDECを運営するコンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、今回CEDECの名称を今年よりCESA Developers ConferenceよりComputer Entertainment Developers Conferenceに変更することも発表した。略称はこれまでどおりCEDECを用いるが、今年で13回目を迎えるCEDECを新しい名称と伴にさらに発展させることを目指す。

コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2011
(CEDEC 2011)  http://cedec.cesa.or.jp/2011/

会期:2011年9月6日(火)~9月8日(木)
パシフィコ横浜会議センター(横浜市西区みなとみらい)
主催:一般社団法人コンピュータエンターテイメント協会
予定セッション数: 200