P2P違法アップで捜索 18人逮捕 アニメ・ゲーム・マンガ等

 全国23都道府県警は、1月11日からファイル共有ソフトを利用した映画、音楽、アニメ、ゲーム、ビジネスソフトなどの著作権法違反行為に対して一斉取締りを行なった。捜索箇所は全国50箇所に及び、1月14日14時までに権利者に未許諾でコンテンツをネット上にアップロードした18人を逮捕した。不正商品対策協議会(ACA)、コンピュータソフトウェア著作権協会、日本映画製作者連盟、日本映像ソフト協会、日本音楽著作権協会、日本国際映画著作権協会、日本レコード協会らが明らかにした。
 ACAによれば、今回の一斉取締りは昨年11月30日に行なわれたものに続くものである。11月の取締りでは11人が逮捕され、すでに有罪判決が言い渡されている。
 前回は10都道府県、26箇所の捜索で大規模な捜索として注目を浴びたが、今回の取締りはそれをさらに大きく上回った。取締まり側が著作権法違反行為に厳しい姿勢を持っていることが判る。

 ACAは取締り対象となったうち団体に関連する19府県警17件の取り締まり概要を公表している。これによれば、17件の事件で用いられたソフトは全てShareで、違法にアップされたコンテンツはアニメ、マンガ、音楽、映画、ドラマ、ゲーム、カーナビ、ビジネスソフトなどである。これまで摘発の少なかったマンガ作品が多数上がっているのが特徴となっている。
 逮捕者・及び被疑者17人は25歳から58歳までのいずれも男性で、住所は秋田から鹿児島まで全国に幅広く散らばっている。

 違法アップされたコンテンツには、人気作品が多数挙がっている。アニメでは『バクマン。』『STAR DRIVER 輝きのタクト』『機動戦士ガンダムUC』『とある魔術の禁書目録』『ドラゴンボール改』『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』『新世紀エヴァンゲリオン』『FREEDOM』『荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ』ほか、マンガでは『魔法先生ネギま!』『名探偵コナン』『BLOODY MONDAY』『バガボンド』ほか、ゲームでは『SDガンダム ガシャポンウォーズ』『ドラゴンクエストモンスターバトルロードビクトリー』『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』『戦国BASARA 3』ほかなどである。
 また、コンテンツの権利者は小学館集英社プロダクション、アニプレックス、サンライズ、アスキーメディアワークス、キングレコード、講談社、バンダイナムコゲームス、任天堂、カプコン、集英社)角川書店、バンダイビジュアルなどである。アニメ、マンガ、ゲームの主要企業が並んだ。今回の取締りがコンテンツ業界の幅広い協力によって実施されたことを窺わせる。

不正商品対策協議会(ACA) http://www.aca.gr.jp/