松竹 映画興行事業を松竹マルチプレックスに統合

 映画・演劇事業の松竹は、自社の映画興行事業を分割し、100%出資子会社の松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)と統合することを決定した。2011年1月21日の株主総会の承認を経て、同3月1日付で同事業部門を分割、SMTが吸収合併する。
 松竹の映画興行は長年本社部門にて直営劇場の運営で行って来た。一方で1990年代に入りシネマコンプレックスが市場で急拡大するに合わせて、松竹もムービックスのブランドで展開するシネマコンプレックスでの興行を行なう子会社SMTを1996年に設立した。このため同社グループの映画興行は2つの体系が並列するかたちとなっている。
 今回の再編はこうした事業の一本化を意図したものだ。一方で、短期間で映画興行の主流となったシネマコンプレックスが、従来型の映画興行を飲み込んだという見方も出来る。松竹は今回の統合について、経営資源の集中によるコア事業強化のためとしている。そのうえで顧客サービスの向上と収益力の強化、意思決定の迅速化につなげる。

 松竹の映画興行部門の売上は2010年2月期で108億9200万円、売上総利益は64億2100万円と、映画製作・配給、演劇、不動産事業なども行なう同社の中でも優良事業である。運営を行なう劇場は12サイト56スクリーン、東劇や新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、梅田ピカデリー、横浜ブルク13などがある。
 一方、SMTは売上高204億9100万円、営業利益7億4800万円、経常利益6億1700万円、経常損失が3億5200万円だった。ムービックス(MOVIX)は全国で20サイト以上200を越えるスクリーンを持つ。事業の統合でSMTは、年間売上げ300億円を超える映画興行企業となる。サイト数スクリーン数も拡大し、興行における存在感も増しそうだ。

松竹 http://www.shochiku.co.jp/
松竹マルチプレックスシアターズ(ムービックス) http://www.movix.co.jp/corporate/index.html