おたく市場は2900億円 野村総合研が調査

 金に糸目をつけない、全財産を趣味につぎ込むなど巨大なマーケットを形成すると言われてきたおたく市場。一人当たりの消費金額の多さや消費者の集中度の高さからも効率的なマーケットとして注目されることも多かったが、その実態についてはこれまで確かなことはよく判らなかった。

 先頃、野村総合研究所は「オタク層」の市場規模推計と実態に関する調査」の中で、このあまりはっきりと理解されていなかったマニア層のマーケットに焦点をあてその消費規模や特性を明らかにしている。
 野村総合研究所は、おたく市場を主要5分野(アニメ、アイドル、コミック、ゲーム、組立PC)で消費金額を2900億円と推計している。また、コンテンツ関連4分野(アニメ、アイドル、コミック、ゲーム)の産業規模を約2兆3000億円としこの中の約11%をマニア層による消費だと結論づけている。
 また調査では、これまで曖昧であったマニアを各分野それぞれに定義づけている。アニメマニアついては、推定人口約20万人でOVA、アニメ映画の視聴を日課にしており、週に2桁以上のアニメを録画する傾向が高いとしている。また、年齢層の中心は15歳から40代の男性が中心でITリテラシーが高くコミックマニアやゲームマニアとの重なりが見られるとしている。

 野村総合研究所はアニメマニアの人口をOVAの売上枚数から算出しているが、マニアの範囲を確定するには限られた資料であり、正確なマニア人口を算出しているとは断定は出来ない。しかし、これまでマーケットとして語られる機会が多い割には、曖昧であったおたく市場の実態に光をあてるものとして興味深い調査であると言えるだろう。