アニメ専門SNSプレセペ 11月20日よりワンナップゲームズに移管

 NTTドコモの子会社株式会社ハイブが運営するアニメ専門SNS「プレセペ」の運営が、11月20日からモバイルコンテンツの企画・開発を行うワンナップゲームズに移管される。10月23日に、「プレセペ」サイトで公表された。
 発表によれば、これは来年2月を目処に株式会社ハイブが清算されることに伴うものである。「プレセペ」によれば、サイトの運営会社は11月20日より株式会社ハイブからワンナップゲームズ変更されるが、サイトURLや利用規約、サービス内容などに変更はない。SNSのほかニュースなども含めて、これまでの同様のサービスが提供されるようだ。

 ただし、現在のSNSの会員については、継続希望者のみの引継ぐとしている。引き続き、サービスを楽しむためには、11月16日までに会員情報の継続に同意が必要としている。
 期間内に同意がなかった場合は、11月19日を持って会員情報や各種データは削除される。

 プレセペは2006年にNTTドコモの社内ベンチャーとして、NTTドコモの子会社であるハイブが運営をスタートした。しかし、今年9月22日に、NTTドコモは当初想定していた規模の売上と利益の確保が難しいとして、ハイブを通じた事業からの撤退を明らかにしていた。
 今回「プレセペ」の移管先が決定したことで、プレセペはNTTドコモを離れたかたちで引き続き事業展開を進めることになる。

プレセペ http://www.presepe.jp/