アニメーション神戸公募作 大地監督「全体的にほっこり系」 

 11月28日、神戸国際会議場メインホールにて第15回アニメーション神戸賞の授賞式が開催された。1995年の阪神・淡路大震災からの復興の一環として同年から開始されたアニメーション神戸は、世界的に評価が高い国内の商用アニメーションにおける優れた作品やクリエーター、および長年にわたりアニメーション業界に貢献した者などを表彰してきた。
 アニメーション神戸は2部制で、そのうち1部ではデジタル・クリエーターズ・アワードを実施している。デジタル・クリエーターズ・アワードは、アニメーション神戸のロゴタイプとキャラクター、公募のアニメーション作品を審査するデジタル・クリエーターズ・コンテストとWebアニメコンテストの授賞式が行われている。

 デジタル・クリエーターズ・コンテストで今回受賞の対象となったのは6作品だ。審査委員長の大地丙太郎監督は、今年の傾向として「全体的にほっこり系」と評した。
 「演出の立場として言わせてもらうと、通常のベースの演出はみんな出来てて上手い。その中でこの作品はここが上手い!みたいなのがあるといったところがバラエティですね」。個人的に気になったのは竹内泰人氏の『魚に似た唄』だそうで、「これはビックリしましたね。こういった驚かせてくれるのが面白いですね」。

 竹内氏の『魚に似た唄』は、魚魚っとしたで賞となった。「何回見ても面白いんですよね。内容がどうのこうのじゃなくて、アパートの一室を借りてそこがスタジオになってる。アニメーションとしてスケールがデカいのか小さいのか分からない」と述べ、誰かがメイキングを撮っててくれたらいいのにと残念がった。
 「アニメーションの根気を見た」。現在この『魚に似た唄』は、デジタルクリエーターズコンテスト2010で金の翼賞など徐々に賞歴を重ねてきている。

 結果的にB班の『小人ノクツヤ』が最優秀賞、高士亜衣氏の『タロは、まつ』がベストアニメート賞となった。『小人ノクツヤ』はアート・アニメーションのちいさな学校の作品、『タロは、まつ』は東京工芸大学の作品である。
 アート・アニメーションのちいさな学校は大地監督のスタジオの傍、東京工芸大学は大地監督の出身大学であるということもあり感慨深げだった。また『タロは、まつ』は、新設されアニタス神戸賞も受賞した。アニタス神戸はアニメーション神戸とも密接なつながりのある制作スタジオで、神戸発のアニメーションを制作を目的に今春始動した。

 このほかは徳永真利子氏の『ユートピアン』がベストデザイン賞などとなっている。徳永氏の『ユートピアン』は、TBSの映像コンテスト「第12回DigiCon6」で奨励賞となっていた作品である。竹内氏の『魚に似た唄』は「第12回DigiCon6」で努力賞と、アニメーション神戸でも秀作が競った。
 最後に大地監督は「こうなってくるとその年の色みたいのが出てくるんだよなぁと思った。3年前まではギャグが多くて、それは僕の得意分野だったりしたけど、今回は先ほども言ったようにほっこりした作品が多い。全体的に安らぎを求めている感じはありましたね」と挨拶を終えた。「アニメーション神戸が第15回ということで若干の節目ですけど、これも継続した力がここまで来たんだと思います」。
【真狩祐志】

アニメーション神戸 http://www.anime-kobe.jp/

デジタル・クリエーターズ・コンテスト 受賞作品

最優秀賞
『小人ノクツヤ』 B班

ベストアニメート賞/アニタス神戸賞
『タロは、まつ』 高士亜衣

魚魚っとしたで賞
『魚に似た唄』 竹内泰人

colorful賞
『おまめ‐UNITED COLORS OF BEAN‐』 あさいやすし

ベストデザイン賞
『ユートピアン』 徳永真利子

SF-KOBE賞
『ボクはロボット』 ぼくロボ制作委員会

Webアニメコンテスト 大賞作品

一般の部/コベルコシステム賞
『母さんの秘伝』 コベ-1

中高校生の部
『雪だるまず』 ゆう

小学生以下の部
『トマトのいたずら』 ゆうと