スペースインベーダー生みの親 西角氏ら講演 DiGRAで

 デジタルゲームの学術と技術の発展を目指す日本デジタルゲーム学会(DiGRA)は、12月18日、19日に2010年次大会を芝浦工大芝浦キャンパスで開催する。大会は研究者による発表をなうほか、基調講演「日本ビデオゲームの黎明」も設ける。

 「日本ビデオゲームの黎明」では、日本のビデオゲームの創成期に活躍したゲストを招き鼎談を行なう。1978年に誕生し日本中に大ブームを巻き起こした『スペースインベーダー』の開発者西角友宏氏、『パックマン』を開発した岩谷徹氏、さらにナムコ、バンダイナムコゲームスなどでゲーム開発、経営に携わってきた石村繁一氏らである。モデレータを『ゼビウス』や『ドルアーガの塔』の生みの親として知られる遠藤雅伸氏が務める。まさに日本のゲーム界初期の代表作の開発者が並ぶかたちだ。
 テーマの設定についてDiGRAは、デジタルゲームを取り巻く環境は変化を挙げる。ソーシャルゲームの隆盛や新ハード発売など業界の激変が続く時代だからこそ、原点に立ち返り、現状を分析した研究が必要とする。日本のデジタルゲームの原点を知り、その経験を振り返ることで新たな発展を目指すとの意図があるようだ。

 DiGRAは2007年に日本で開催された国際学会DiGRA2007に併せて2006年に設立された。数ある国内の学会の中でも、歴史が若いもののひとつだ。
 設立後は特に開発者、研究者による公開講座や論文誌の発行を中心に活動をしてきた。今回はそうした活動を踏まえて、2010年大会を開催する。変化の激しい時代だからこそ、アカデミックな理論だった研究やテクノロジーの重要性も増している。年次大会はそうした状況も反映していそうだ。
 参加費用は一般会員が2000円、学生会員は1000円、非会員の一般は3000円、学生は2000円である。懇親会に参加する場合は別途費用が必要だ。詳細はDiGRAの公式サイトで確認出来る。

日本デジタルゲーム学会
http://www.digrajapan.org/

日本デジタルゲーム学会(DiGRA)2010年次大会

12月19日(土)
9:15-12:30 :発表セッション

14:00-16:30 :
基調講演:鼎談:「日本ビデオゲームの黎明」
 遠藤雅伸  日本デジタルゲーム学会理事(モデレータ)
 岩谷徹  日本デジタルゲーム学会理事/東京工芸大学教授
 石村繁一  バンダイナムコゲームス
 西角友宏  ドリームス

17:00-19:30: 懇親会

20日(日)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-14:45 :学会総会
15:00-16:30 : 実行委員会主催シンポジウム