シンガポールで日本アニメのビジネスフォーラム今年も開催

 シンガポールの日本ポップカルチャーイベント アニメフェスティバルアジア(Anime Festival ASIA)が11月13日、14日に大型コンベンション会場サンテックシティで開催される。今年で3年目を迎えるイベントは、日本からの豪華なゲストなどもあり、過去2年間は大きな成功を収めた。
 今年はAKB48、JAM Project、SCANDAL、水木一郎さん、May‘nさんといった音楽アーティストのほか、花澤香菜さん、Milky Homesの声優陣など、さらにボーカロイドのプロデユーサーZANEEDSさんとゲスト陣がさらに強化される。イベントやコスプレ大会、上映イベントなども行い昨年の動員を25%上回る7万5000の人出を目指す。

 また、イベントの前日には日本からアニメやポップカルチャー関係のビジネスパーソンを招いたビジネスフォーラム「COOL JAPAN FORUM」を開く。登壇するのは経済産業省クールジャパン室室長渡辺哲也氏、プロデユーサーの秋本康氏、東京ガールズコレクションの大浜史太郎氏、キングレコード中西豪氏、ダニー・チョウ氏である。
 ビジネス中心のため参加費は208シンガポールドル(13000円程度)とやや高いが、コンテンツビジネスのキーパーソンが揃う、現地では珍しいイベントとなる。開催時間はおよそ5時間を予定する。

 AFAは昨年もアニメーション・アジアコンファレンス(Animation Asia Conference)とタイトルしたビジネスイベントを行っている。イベントの規模は昨年に較べると縮小したかたちになる。また、昨年はアニメが中心であったのに対して、今年はジャンルを音楽・アイドル、ファッション広げている。
 参加者のニーズに応えたかたちを模索しているようだ。海外で日本のアニメ、マンガなどのポップカルチャーイベントは少なくない。しかし、こうしたビジネスフォーラムは少ないだけに、今後の発展を期待したいところだ。

「COOL JAPAN FORUM」 
http://www.animefestival.asia/cooljapan.html

[お詫び]
上記記事のフォーラムの出演者情報に間違いがあり、削除・訂正させていただきました。誠に申し訳ありません。また、関係者のかたがたに深くお詫び申しあげます。(2010年11月9日17時20分)