バンナムHD第2Q決算 玩具好調 ゲーム苦戦

 エンタテイメント大手のバンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、11月5日に平成23年3月期第2四半期の決算発表を行った。連結売上高こそ当初予想の1750億円より低い1735億9500万円を下回ったものの営業利益、経常利益は予想を大きく上回り、四半期純損失も圧縮された。これらはトイホビー(玩具)事業の好調によるもので、利益率の高いカードゲームの貢献が大きい。
 連結売上高は前年同期比0.5%の増加、営業利益は50億6700万円、経常利益は50億600万円と前年のマイナスから黒字に浮上した。投資有価証券評価損や資産除去債務会計基準の適用があった四半期純利益は19億3000万円のマイナスだった。

 トイホビー事業は仮面ライダーシリーズやプリキュアシリーズが依然好調だった。仮面ライダーシリーズは前年の売上げ77億円から100億円、プリキュアシリーズは57億円から68億円に拡大した。また、『ワンピース』も6億円から26億円と大きく伸びた。ガンダムシリーズは63億円、戦隊シリーズは54億円、アンパンマンは39億円といずれも前年並みである。
 また、デジタルカードの「プロ野球オーナーズリーグ」も大きく業績に貢献した。売上高は722億2400万円、セグメント利益は70億7200万円である。

 今年度よりゲームコンテンツ事業と映像音楽モバイル事業が統合されたコンテンツ事業は赤字だった。売上高は714億5200万円、セグメント損失は26億円である。業務用ゲーム機が堅調だったほか、映像音楽は『機動戦士ガンダムUC』のパッケージ販売が好調だった。パッケージ販売はタイトルの選択と集中した結果、収益性が改善したとしている。
 しかし、家庭用ゲームソフトの海外向けの新規タイトルが計画を下回った。ミリオンタイトルは『鉄拳6』、また大ヒット映画のゲーム化タイトル『Dispecable Me』が欧米で39万本となった。モバイルコンテンツも有料会員数の減少で低調だった。

 ナムコが中心となるアミューズメント施設事業は、既存店売上高は前年比1%減だったものの収益は伸びている。業界全体で進んだアミューズメント施設のスクラップアンドビルドの結果、市況が底を打ったことが、同社の事業にも波及しているようだ。売上高は316億400万円、セグメント利益は15億2000万円である。

 当初予想を収益で大きく上回ったバンダイナムHDだが、通期決算については厳しい見通しを立てている。玩具・ゲーム販売の主戦場となる年末年始商戦がこれから始まることもあり、現段階では慎重な姿勢のようだ。
 同社は通期連結業績予想で売上高、営業利益、経常利益を据え置く一方で、当期純利益の予想を従来の45億円から18億円に引き下げた。これは国内子会社が従来見通しより増益になり法人税などの支払いが増える一方で、海外販売会社などの赤字が拡大するためである。

バンダイナムコホールディングス http://www.bandainamco.co.jp/