セガサミーHD第2Q 大幅増収もゲーム事業依然赤字

 10月29日に発表されたセガサミーホールディングス(セガサミーHD)の平成23年第2四半期の業績が好調だ。連結売上高が2178億700万円と前年同期比で41.1%と急増したほか、営業利益は468億4900万円、経常利益は460億9800万円、四半期純利益は243億4900万円と前期の赤字から黒字転換し、かつ高水準となった。
 パチンコ・パチスロの遊技機事業が堅調に推移したほか、アミューズメン機器事業、アミューズメント施設運営事業も利益を伸ばした。一方、コンシュマーゲーム、玩具、アニメのセグメントからなるコンシュマー事業は、その損失金額は大きく減らしものの依然赤字にとどまっている。既に玩具事業のセガトイズ、アニメ事業のトムス・エンタテインメントが黒字決算を発表していることから、これらの赤字はコンシュマーゲーム事業によるものとなる。

 コンシュマー事業の売上高は388億9800万円(前年同期比2.9%増)、営業損失が13億600万円(前年同期81億900万円の損失)である。家庭用ゲームソフトでは国内販売は堅調だったが、同社が得意としてきた海外での新作販売が苦戦した。ゲームソフト販売本数は米国が320万本、欧州が215万本、日本を含むその他の地域が124万本で総計660万本となる。販売本数は前年同期比で22.2%増加したが、前々期の1276万本を大きく下回る。
 そうした家庭用ゲームソフトを国内で牽引したのが、現在、インターネット上、音楽業界でも話題を席巻している初音ミクである。7月29日に発売したPSP向け『初音ミク -Project DIVA- 2nd』の上半期の売上げが34万本と同社発売タイトルでトップとなった。これはセガの看板ブランドのPSP向けゲーム『クロヒョウ 龍が如く新章』(9月22日発売)の25万本を上回る。さらに9月30日発売の『けいおん! 放課後ライブ!!』(PSP向け)が21万本とアニメ番組と連動したタイトルも人気だった。
 玩具販売事業では、国内外で『爆丸』が堅調だった。また、アニメーション映像事業では劇場版『名探偵コナン』の配分収入、国内外での『爆丸』のロイヤリティ収入が好調であった。グループ各社が参加した爆丸プロジェクトの成果が表れた。

 アミューズメント機器事業は売上高209億8800万円(前年同期比9.4%増)、営業利益19億1700万円(同営業損失7億3700万円)である。アミューズメント施設運営事業は売上高236億4800万円(同18.3%減)、営業利益は11億500万円(同395.5%増)である。期中10店舗の閉鎖、2店舗の新規開店を行い売上げは減少したが、利益は伸びた。
 遊技機事業は売上高が1343億3100万円と前年同期から96.2%増と大きく伸びた。パチンコでは『ぱちんこCR北斗の拳剛掌(ラオウ)』シリーズが12万台、『CRフルメタル・パニック!TSR』シリーズが1万4000台などがヒット作、パチスロは新作では『パチスロリングにかけろ1 ~黄金のJr.編~』(3万4000台)、『パチスロスパイダーマン3』(2万2000台)、また、『パチスロ蒼天の拳』(9万1000台)、『新鬼武者』(前期からの累計3万6000台)が好調だった。人気キャラクターを利用した商品の好調ぶりが目立った。

セガセミーホールディングス http://www.segasammy.co.jp/