バンナムG コミックスレーベル「エモーションコミックス」設立

「マジンカイザーSKL ヴァーサス」(c)Kazumi Hoshi 2010 ©Go Nagai/Dynamic Planning-MS 2010

 バンダイナムコグループが、マンガ出版事業に本格的に乗り出す。バンダイナムコホールディングスとグループ会社のエモーションは、新しいコミックスレーベル「エモーションコミックス」を立ち上げて、2010年12月10日よりマンガ単行本の刊行を開始すると発表した。第1弾の刊行後、毎月10日頃4タイトルずつの定期刊行を予定する。
 エモーションはバンダイビジュアルの子会社で、映像の企画・製作のほか出版事業を行なっている。「エモーションコミックス」は、現在同社が運営する「Webコミック ゲッキン」とバンダイチャンネルが運営する携帯サイト「週2コミック ゲッキン」に連載する作品を単行本化するものだ。発行元をエモーション、発売元は社角川グループパブリッシングが担当し、全国の書店に流通する。

 作品を供給する「週2コミックゲッキン」と「Web コミック ゲッキン」は、携帯向けとPC向けで別々に展開して来たオリジナルの電子書籍・マンガコンテンツは、今年10月に同じブランドとして統一したものだ。携帯向けとPC向けいずれのコンテンツも、電子媒体だけでなくクロスメディア展開を前提に開発されてきた。今回はまず単行本の発行としてそれが実現する。
 バンダイナムコホールディングスは、ゲーム・アミューズメント、映像・アニメ、玩具などの総合エンタテイメント企業と知られるがこれまで出版事業は弱かった。コミックスレーベルの立ち上げは、マンガ分野への足掛かりを築くことになる。

 12月10日に発売されるタイトルは『マジンカイザーSKL ヴァーサス』(原作:永井豪 漫画:星和弥)、『CANAAN スフィル』(原作:チュンソフト漫画:細雪純、『英雄伝説 空の軌跡』(原作:日本ファルコム 漫画:啄木鳥しんき)、『リリィ・トゥリガー』(原作:環望 漫画:かのえゆうし)である。
 『マジンカイザーSKL ヴァーサス』はアニメ作品、『CANAAN スフィル』と『英雄伝説 空の軌跡』はゲーム作品と連動している。第1弾タイトルよりバンダイナムコグループの目指すクロスメディア戦略が取り入れられている。マンガ出版の台風の目となるか、今後の展開から目が離せない。

エモーション http://www.emotion-v.com/
PCサイト Webコミックゲッキン http://www.comic-gekkin.com/

エモーションコミックス(Emotion Comics)
発行元: エモーション
発売元: 角川グループパブリッシング
発売場所: 全国書店および一部大手玩具店など
刊行開始: 2010年12月10日予定(以降、毎月10日頃、4タイトルずつ刊行予定)

エモーションコミックス 12月10日発売タイトル
いずれもB6版 定価600円(税別)

■ 「マジンカイザーSKL ヴァーサス」
   原作: 永井豪 漫画: 星和弥

■ 「CANAAN スフィル」
   原作:チュンソフト(「428~封鎖された渋谷で~」)漫画:細雪純

■ 「英雄伝説 空の軌跡」
  原作:日本ファルコム漫画:啄木鳥しんき

■ 「リリィ・トゥリガー」
  原作:環望 漫画:かのえゆうし