ディズニーが12月1日よりHDチャンネルスタート

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは2010年12月1日より、新たにディズニー・チャンネルHDを開局することを発表した。同局が誇る人気のアニメーション番組や実写ドラマなどをよりクオリティの高い画質で視聴者に送り届ける。
 12月1日よりまず衛星放送のスカパー!HDでスタートし、2011年以降はケーブルテレビ局やIPテレビでもハイビジョン放送を提供する。高品質を一挙に拡大する。
 放送番組はアニメ作品の『スティッチ!』や『ミッキーマウス クラブハウス』といったアニメーションシリーズ、さらにマイリー・サイラス主演の世界的な人気ドラマ『ハンナ・モンタナ フォーエバー』などもプログラムする。また、ディズニーの最新映画も投入するとしている。

 ディズニーグループは、先週、総務省より独自の衛星チャンネル「ディズニー・チャンネル」(SD)と「D-Life(仮称)」(HD)の認定を受けたばかりである。こちらはいずれも2011年秋の開局を目指している。2011年に向けて、一気にチャンネルの多様化が進む。
 また、ディズニーは2009年には、トゥーンでディズニーを男児向けのディズニーXDに全面リニューアルもしている。ここでは日本のアニメも大幅に取り込んだ番組編成の強化が行われた。映画、キャラクター、ビデオ、ウェブといった多彩な事業を日本で行うディズニーグループだが、放送事業はなかでも戦略事業となっていることが窺われる。

 国内のアニメーション専門チャンネルでは、既にAT-X、カートゥーンネットワーク、キッズステーション、アニマックスがHD放送をしている。今回、アニメーションの放送も多いディズニー・チャンネルが、HD化することで、テレビアニメーション放映のHD化はさらに深化することになる。

ウォルト・ディズニー・ジャパン http://www.disney.co.jp/