ワンピース最新エピソード 日米同時リリース前に海外で流出

 日本では5月31日日曜日9時半から放映予定の『ONE PIECE ワンピース』第403話が、インターネット上に流出していることが明らかになった。『ワンピース』は5月31日(米国時間で5月30日)から、日本のテレビ放映から1時間後、北米地域でインターネット配信を開始すると発表があったばかりである。
 配信事業は、東映アニメーションと集英社、フジテレビジョン、そして米国の大手アニメ流通ファニメーション(FUNimation Entertainment)が共同で行なう。番組はワンピース公式サイトで1週間独占無料配信を行った後、他の大手動画サイトHuluやJoost、FUNimation.comでも展開する。北米版の字幕作業や配信事業は、ファニメーションが担当している。

 ネットに流出したのは、この海外配信用に編集された英語字幕版である。これはファニメーションのサーバーに保存されていた『ワンピース』第403話に、一般からのアクセスが可能になっていたため起きたと見られている。
 ファニメーションのサーバーにアクセスした第三者が番組をダウンロードし、インターネットの動画共有サイトにアップロードしたとみられる。違法にアップロードされた番組はネット上からダウンロード出来る状態になっている。