2007年北米の日本アニメDVD市場は前年比20%減 ICv2調べ

 米国のポップカルチャー業界情報サイトのICv2の調べによれば、2007年の北米の日本アニメDVD売上は前年比20%減少となった。また、発売タイトル数も21%減と2006年の19%減に続いてマイナスとなった。
 ICv2は、北米の日本アニメDVD市場を2億7500万ドルから3億ドルと試算している。一方、ICv2は、現在はまだ集計が終わっていないが、2007年の日本マンガ市場については、成長率は落ちているものの今年も力強い成長を遂げたとしている。

 2007年のアニメDVD市場が、一昨年より厳しい状態になっていることは、これまでも度々メディアが伝えてきたが、今回、あらためてそれが確認された。
 しかし、こうしたアニメDVDの市場だが、今回ICv2が合わせて発表した2007年の注目作品のベスト10を見るとまた異なった一面も伺える。

 ICv2のリストの1位は『ドラゴンボール』、3位に『ポケットモンスター』、4位『NARUTO』、5位『Bleach』となっている。これらの作品は日本であればゴールデンタイムに放映されるファミリーキッズ向けの長寿番組である。
 さらに2位の『ファイナルファンタジー アドベントチルドレン』や、あるいはジブリ作品といった米国メジャーレーベルが発売する映画作品、米国TV向けの特別番組『アフロサムライ』、『ロボッテック 影の年代記:Robotech Shadow Chronicles』といった米国向け作品も並んでいる。こうした作品群は決して売上が不調でない。

 一方、日本ではアニメDVD市場で大きなシェアを占める深夜放送のマニア向けの比較的短いシリーズ作品はリストに顔をだしていない。唯一、OVAとして『鴉 -karasu-』が10位に入っているが、このシリーズも日本ではテレビ放映されていない。
 勿論、販売本数が少ないからこそのマニア向け作品である。しかし、日本ではそうしたなかから『コードギアス』なり、『らき☆すた』なりといった大ヒット作が毎年幾つか生まれる。米国のアニメDVD市場は日本とはまた異なった存在である。

 ここから見えてくるのは日本アニメのDVD全体の不振でなく、いわゆるマニア向けのアニメDVDの不振である。つまり、マス(大衆)向けの作品、劇場作品は比較的よく売れている。
 こうした状況を念頭に置いて、今後、北米で日本アニメDVDのビジネスを進めるなら、マス向けや劇場作品(米国公開、未公開に関わらず)に傾斜することはひとつの戦略になるだろう。さらにマニア向けについては、DVDだけでなくオンライン配信やVOD、テレビ放映も含めた収益源の多角化が鍵になると考えられる。

ICv2  http://www.icv2.com/index.html